TOP > 社会 > 東証大引け 8日ぶり反発 令和初の上昇、アジア株高で心理改善  :日本経済新聞

東証大引け 8日ぶり反発 令和初の上昇、アジア株高で心理改善  :日本経済新聞

15コメント 2019-05-15 15:53  日本経済新聞

15日の東京株式市場で日経平均株価は8営業日ぶりに反発した。前日比121円33銭(0.58%)高の2万1188円56銭で終え、令和になって初めての上昇となった。企業業績や米中貿易摩擦への警戒から戻り

ツイッターのコメント(15)

令和初の上昇だと? 今日も下落やん! 令和特需とか令和ご祝儀相場とか言ってたヤツ出て来い!
株価をみるように最近練習している。

昨日はいろいろ上がってるなぁという感覚だったけど、
感覚はあってたのが結構うれしい。
令和初の上昇、アジア株高で心理改善   ㏮の日経平均は121円33銭高の2万1188円56銭。中国政府が景気対策に力を入れるとの期待から上海株式相場は大きく上昇。アジア株も総じて堅調で投資家心理が上向きに。売買代金2兆5724億円、売買高15億2404万株
海外の投機筋からの買いか・・・
日銀介入が無い後場でも堅調な動きだったが
ショートカバーだったんだろうか?(・ω・`;)
今日の日経平均は8営業日ぶりの反発。前日比121円33銭。
やっとと思ったら令和初でしたね
 令和初の上昇、アジア株高で心理改善: 日本経済新聞
市場では「海外の投機筋からの買いは活発だったものの、海外の機関投資家の買い注文は目立たなかった」(マッコーリーキャピタル証券の増沢丈彦氏)との声が聞かれた。
本日の日経平均はようやく8日ぶりに反発しました⤴️
私は昨日、株の買い増しを遂行済みなので、まずは予定通りの展開ですね。
これから株価が上昇すれば儲かるし、下落したらさらに買い増しをして数年後には儲かるため、相場がどちらに転んでも、私は儲かります😌
15日の日経平均は8日ぶりに反発。終値は121高の2万1188円。午前は米中貿易摩擦への警戒から100円近く下げる場面もあったが、中国政府の景気対策への期待から中国株が上昇したことで市場心理が上向き、短期筋の買いが優勢となった。売買代金は2兆5724億円。
#日経平均 前日比121円33銭高の2万1188円56銭でしたか。
今日上げてみんな安堵しているかもしれないが、また明日から値下がりが続いて18000円を目指していくのじゃないかな。明るい材料が何一つないでしょ。
現況⬇︎🇯🇵💹△
ついに反発しましたね
令和初の上昇、アジア株高で心理改善:日本経済新聞 ~午後に切り返し、5月15日して令和初のプラス
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR