TOP > 政治・経済 > 東証大引け 反発 日銀談話で買い戻し 値幅約2年ぶり大きさ  :日本経済新聞

東証大引け 反発 日銀談話で買い戻し 値幅約2年ぶり大きさ  :日本経済新聞

2日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反発した。終値は前週末比201円12銭(0.95%)高の2万1344円08銭だった。日銀は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「潤沢な資金供給と...

ツイッターのコメント(10)

値幅約2年ぶり大きさ   ㏡の日経平均株価は201円12銭高の2万1344円08銭。日銀総裁の緊急談話発表や米FRBの利下げ観測も浮上するなど、協調金融緩和への期待が強まり買い戻しが優勢になった。売買代金3兆5219億円、売買高20億3515万株
日銀によるETFの買い入れは程々にしておかないと、市場が歪むのでは?
そもそも投資に新規参入を促しておきながら株価が高いままでは、これから参入してくる人にとっては不利だろう。
既存の参加者を保護し過ぎることになり、この点においても不公平な気がする。
「日銀砲」でようやく反発しました。市場では、口先介入だけでなく、株価上昇時としては異例のETF買いが大規模に入ったとの観測も。

ただ、「発射」が場中で値幅が大きくなったのは少し気がかりです。変動率が高止まりしてしまうためです。
やはりこういうキチガイどもが金融恐慌を招くんだということが良くわかった。

 値幅約2年ぶり大きさ:
東京株式市場今日の終値です。
日経平均の値幅758円。久しぶりのジェットコースター相場。さて日銀はETFを買ったか? 買ったとしたらいくらか? --
東証大引け 値幅約2年ぶり大きさ: 日本経済新聞
一時は450円高の2万1593円まで上げた。
以上
 

いま話題のニュース

PR