TOP > 政治・経済 > 東証大引け 続伸463円高、ソニーなど好業績銘柄に買い 10月は2199円下落  :日本経済新聞

東証大引け 続伸463円高、ソニーなど好業績銘柄に買い 10月は2199円下落  :日本経済新聞

10コメント 登録日時:2018-10-31 15:38 | 日本経済新聞キャッシュ

31日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸した。終値は前日比463円17銭(2.16%)高の2万1920円46銭だった。ソニーやホンダなど2019年3月期の業績予想を上方修正した主力銘柄に、好業...

ツイッターのコメント(10)

東証大引け 続伸463円高、ソニーなど好業績銘柄に買い 10月は2199円下落   ㏾の日経平均は463円17銭高の2万1920円46銭。前日の米株高を好感した買い先行。米中貿易摩擦への警戒感がやや和らぎ、機械や電機など中国関連銘柄に買い。売買代金3兆4851億円、売買高18億1191万株
前日の空売り比率が50%だったからねぇ・・・
463円高はショートカバーや月末お化粧買いなど
重なった結果かもしれん
「世界的に株式相場がひとまず下げ止まったと判断した海外ヘッジファンドが日本株先物を買い戻した」(外資系証券の株式トレーダー)との声が聞かれた。
○業績相場の始まりか!?

4~9月期の決算発表が本格化する中で決算内容や通期の見通しが良好だった銘柄への物色が続いた。「世界的に株式相場がひとまず下げ止まったと判断した海外ヘッジファンドが日本株先物を買い戻した」(外資系証券株式トレーダー)との声が聞かれた。
空売り比率の50%超えは今までの動きなら
買戻しされる水準だったし勿体なかった・・・
5日平均を突破、空売り筋は売りのせか損切りか?
今日の空売り比率が楽しみだ!

東証大引け 続伸463円高、ソニーなど好業績銘柄に買い 10月は2199円下落: 日本経済新聞
31日の日経平均は大幅続伸。終値は463円高の2万1920円。前日の米株高や円安・ドル高進行を好感、朝方から買いが先行した。中国株の上昇も重なり、上げ幅は400円を超えた。業績予想を上方修正したソニーやホンダなどが買われた。売買代金は3兆4851億円。
午後一段高。4~9月期の決算内容や通期見通しが良好だった銘柄への物色が続いた。ひとまず下げ止まったと判断した海外HFが日本株先物を買い戻したとの声が。日銀は金融政策決定会合で政策の現状維持を決めた。予想通りの結果として材料視されなかった。日本経済新聞
本日はなかなかの上昇でしたね
以上

記事本文: 東証大引け 続伸463円高、ソニーなど好業績銘柄に買い 10月は2199円下落  :日本経済新聞

いま話題の記事