TOP > 社会 > 東証大引け 連日で年初来安値 米株安と円高嫌気 2万円割れ目前  :日本経済新聞

東証大引け 連日で年初来安値 米株安と円高嫌気 2万円割れ目前  :日本経済新聞

21日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。終値は前日比226円39銭(1.11%)安の2万0166円19銭と、連日で年初来安値を更新し、2017年9月15日以来ほぼ1年3カ月ぶりの安値を付け...

ツイッターのコメント(12)

㏴の日経平均株価は226円39銭安の2万0166円19銭と、2017年㋈㏮以来の安値を付けた。前日の米株式相場が大幅に下落。一時は心理的な節目の2万円割れ目前に下落した。売買代金3兆5573億円、売買高20億6731万株
日本株インデックスとアメリカ株インデックス(為替ヘッジなし)をメインに組んで今年から始めてみた投資信託が息してない件について。(´・ω・`) / “  :日本経済新聞”
ユニファミマや任天堂の下げが目立った。第一三共やソニー、トヨタも下落した。一方、ソフトバンク(SB)やファストリ、ファナックが上げた。TDKやアドテスト、東エレクも上昇した。
日経平均株価は4日続落。終値は前日比226円39銭(1.11%)安の2万0166円19銭と、連日で年初来安値を更新。日経平均は4日間で1300円あまり下落。
"東証1部の値下がり銘柄数は1886と、全体の89%だった。値上がりは225、変わらずは19銘柄"
やはり20000円の攻防
21日の日経平均は4日続落。終値は226円安の2万0166円と、連日で年初来安値を更新。米景気減速への不安で前日の米国株が大幅下落し、これを受けた日本株もリスク回避の動きが強まり一時は2万円割れ寸前まで売り込まれた。売買代金は3兆5573億円。
2万円割れ目前: 日本経済新聞

>ただ3連休前とあって

祝日を挟むとき、みんな本来ならどーしてんだろ?
ポジションを保持し続けるのってリスキーじゃね?
閉じるか、両建てにすんのかな?
ここまで下がるとは想っていなかった。 / “  :日本経済新聞”
日経平均4日続落、終値2万166円 1年3カ月ぶり安値:日本経済新聞
2017年9月15日以来ほぼ1年3カ月ぶりの安値を付けた。

 2万円割れ目前:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR