TOP > 社会 > 東証後場寄り 下げ幅500円超、海外勢が損失覚悟の先物売り  :日本経済新聞

東証後場寄り 下げ幅500円超、海外勢が損失覚悟の先物売り  :日本経済新聞

20日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を広げている。前日比523円(2.49%)安の2万0464円まで下落する場面があった。現物株市場の昼休み中、大阪取引所で日経平均先物2019年3...

ツイッターのコメント(11)

は?損失覚悟??

自国の株を売れや!殺すきか!?
明日はついに2万円ぎりか・・?
あれ?後場も下がり続けているのか。日銀は何しているw

 海外勢が損失覚悟の先物売り(日経)
ダブルベアの投資信託を半分処分したんだけど(事実上のショートだねえ)、今日の14時締め切りからの約定になってて、今日の下げ分まで含まれるのやら、含まれないのやら、よくわからん。
現物株市場の昼休み中、大阪取引所で日経平均先物2019年3月物が下げ幅拡大。3月23日に付けた年初来安値を下回ったことで、海外投資家の損失覚悟の売りが膨らんでいるとの見方が多い。先物の下落を受けてファストリなど値がさ株に裁定取引に伴う売りが。日本経済新聞
来ましたね 総悲観はそろそろかな もう少しまとう
「損失覚悟の先物売り」って凄いな。
今が、政府の動くときか?
こうなったら2万円切り覚悟やな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR