TOP > 社会 > 米モンサント開発の除草剤に発がん性の恐れ  :日本経済新聞

米モンサント開発の除草剤に発がん性の恐れ  :日本経済新聞

19コメント 登録日時:2015-03-24 19:02 | 日本経済新聞キャッシュ

 【ワシントン=共同】世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は23日までに、米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書...

Twitterのコメント(19)

国際がん研究機関は「グリホ剤は人に対する発がん性が恐らくある」に分類している。
2015.3.24 米モンサント開発の除草剤に発がん性の恐れ: 日本経済新聞
世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は23日までに、米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表
「グリホサートは「ラウンドアップ」の商品名で知られる除草剤の主成分。日本を含む多くの国で使われている一方、安全性を懸念する声も強い。」→
「世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は…米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表」|2015/3/24日経:
米モンサント開発の除草剤(日本でよく使われるラウンドアップ)に発がん性の恐れ
(^=・・)あちらからこちらからか… TPP後はもっと酷い状況になるだろうね。しかし、知らぬが仏だろう。。。
@packraty @komatsunotsuma @yamamototaro0 その系統のものの様ですね。
7月24日の日経新聞でラウンドアップの主成分グリホサートの発癌性について報じてます
日本に既に入り込んでいる。モンサントはベトナム戦争で枯葉剤を産んだ極悪企業。さらに住友化学と提携。住友化学といえば元経団連会長米倉氏。日本の人、地とも薬害蔓延させるかね。
今年3月には、WHOの関連機関から、ラウンドアップ(成分名グリホサート)に発がん性のおそれがある報告書が提出された。
この除草剤は日本で一番有名な市販除草剤「ラウンドアップ」のこと。
発がん性の他にも「腸内の善玉菌を死滅させ人体の免疫力を奪う」という訴訟も起こされているそうです。
世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(フランス・IARC)は23日までに、米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した日本経済新聞
国際がん研究機関は、米モンサントの除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表。グリホサートは「ラウンドアップ」の商品名で知られる除草剤の主成分。
IARCは、人での発がん性を示す証拠は限られているものの、動物実験や薬理作用などの研究結果に基づいて判断したと説明。5段階分類で上から2番目にリスクが高く・・・「2A」に
どういう感じなのか分からんけど、毒性検査のプロセスを経てるので多分これはひっくりかえらないだろう。終了。 / “  :日本経済新聞”
世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は23日までに、米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した。
いまさら感がぬぐえない。ジャンポールジョー・世界が食べられなくなる日を見よ。ニールヤングが指摘している通り、モンサントと提携しているスターバックスなどに金を払うものではない
|モンサントの遺伝子組み換え種子とセットで使われている強力農薬が発癌性だと。どれだけ世界中に撒かれてきたことか。セットで消えてほしい。
モンサントという名前だけで揉めそうなw>
え⁈ 『ラウンドアップ』危険だったの⁈
以上

記事本文: 米モンサント開発の除草剤に発がん性の恐れ  :日本経済新聞

関連記事