TOP > 社会 > 「ゲノム編集」初の人体応用 中国で肺がん患者に  :日本経済新聞

「ゲノム編集」初の人体応用 中国で肺がん患者に  :日本経済新聞

 【ワシントン=川合智之】英科学誌ネイチャー(電子版)は15日、中国・四川大学の研究グループが生物の遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」技術を初めて人間の患者に適用したと報じた。ゲノム編集は将来の治療...

ツイッターのコメント(21)

こっち、2年前の記事だけど、記事の最後にある「昨年4月には中国の別の研究チームがヒト受精卵でゲノム編集を実施したと発表」って、今回と同じところなんだろうか。

 中国で肺がん患者に:日本経済新聞
中国・四川大学の研究グループが、生物の遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」技術を用いて、肺がん患者の治療を行ったと発表しました。
免疫にブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」に注目。さて、日本は・・・。
なんか色々凄いですね。遺伝子を自在改変してがん細胞を攻撃するように操作。人体への応用は中国が初めて。
四川大学の研究グループが遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」技術を初めて人間の患者に適用したと報じた。
免疫反応をつかさどる遺伝子を「クリスパー・キャス9」と呼ぶゲノム編集技術で操作
計画ではなくて、もう実際に、人間のゲノム編集やってるのか。 ● 中国で肺がん患者に(日本経済新聞)
- 日本経済新聞 - 生命倫理 - Google News
臨床試験で、肺がん患者の血液から細胞を取り出し、免疫反応をつかさどる遺伝子を「クリスパー・キャス9」と呼ぶゲノム編集技術で操作。がん細胞を攻撃するように改変し、患者に戻した。
中国で肺がん患者に:日本経済新聞 中国・四川大学の研究グループが生物の遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」技術を初めて人間の患者に適用したと報じた。
生命倫理の問題もこんなふうに、とんでも国家が無理くりガン無視しちゃって、パンドラの箱を開けてしまうんだろうな。
今後の経過が気になる/
倫理問題からコノ類の先陣切るのは中国かと思てたケド矢張り
え。これってまだ人に応用できる段階じゃないような~人○実験???
Σ(-∀-;)コワー

中国の研究グループ、「ゲノム編集」初の人体応用
肺がん患者の血液から細胞を取り出し、免疫反応をつかさどる遺伝子を「クリスパー・キャス9」と呼ぶゲノム編集技術で操作。がん細胞を攻撃するように改変し、患者に戻した。経過は順調
CRISPR/Cas9系を使った人体実験に関しては中国は頭二つぐらい抜き出てるなぁ。普通の国ではできないこともやっちゃえる環境って研究者にとってはユートピアだよね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR