TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 外国人労働者、初...

外国人労働者、初の100万人超 受け入れ政策の立て直し急務  :日本経済新聞

21コメント 登録日時:2017-01-27 19:42 | 日本経済新聞キャッシュ

 日本で働く外国人労働者の数が2016年に初めて100万人を超えた。不足する労働力の一部を外国人が補う構図が鮮明となっている。留学生や技能実習制度といった「サイドドア」から事実上の単純労働力が流入して...

Twitterのコメント(21)

移民政策反対。

どんなにショボくれた國になっても欧米の二の舞を踏んじゃダメだよ…。

中国人34万4658人、この中に中共政府の工作員が何人居るか分からないもん。

人数が増えれば、やれ権利を!差別反対!だの始まるよ。
言われてみれば飲食店とか外国の店員さん多いこと😳テロ問題も相まって欧州では移民や難民を問題視する声が上がってる状況だしこれまた難しい問題やね👫
日本狭いからなぁ…増えすぎても困るよね
1月27日付 / -- 日本経済新聞
私が危惧する日本の問題。
ヨーロッパの外国人労働者の問題目のあたりにしているからね。
雇用側にも厳しい規制を。
月10名は実習生帰りの人のキャリア面談をしてる。この制度を使って人生変えた友人も沢山いるし、人生積んだ人もいる。
政府は高度人材に関してはポイント制を設けるなど受け入れに積極的。いわゆる単純労働者の受け入れは認めていないが、現実には技能実習制度や留学生を通じて事実上の単純労働者の流入が急増。
個人の感想です。▷ //「高度人材以外の労働者を正面から受け入れるためのルールを打ち出す必要がある」(日本総研の山田チーフエコノミスト)との指摘も出ている。
この数年で数百万単位で労働人口が減るわけなので、受け入れ体制を早急に再構築する必要がある。政治はこういうところでがんばってほしいなあと思います /
バンバン来てもらわなあかんけど、日本人で職を失った人は外国人労働者のせいだ!とか、言い出す人が出て来そう
新聞記事より。「 受け入れ政策の立て直し急務」  今後予想される労働力不足への対応において、外国人労働者の受け入れは必須と言えます。そのための社会的基盤や環境整備が求められますね。
外国人どんどん受け入れよう!近所のコンビニで働く外国人の方がとても愛嬌がよくて気持ちいい。日本人のコンビニバイトは、惰性でしてます感が出てて無愛想な人が多い。/
“政府は高度人材に関してはポイント制を設けるなど受け入れに積極的だが、いわゆる単純労働者の受け入れは認めていない。しかし現実には技能実習制度や留学生を通じて事実上の単純労働者の流入が急増している。” / “外国人労働者、初の10…”
(日本経済新聞) / "留学生や技能実習制度といった「サイドドア」から事実上の単純労働力が流入しており、早急に外国人労働者の受け入れ政策を立て直す必要がある" とのこと。
失政の最たるもの。そのまま不法滞在するのが目に見える。
厚生労働省が27日に発表した16年10月末時点の外国人雇用状況によると、外国人労働者数は108万3769人で、前年同期と比べて19%増えた。増加は4年連続で、伸び幅も過去最高(抜粋)
観光客同様、こちらも今後、急速に延び、すぐに 200万人、 300万人と増えてくはず。じゃないと、地方も農業も建設業も介護事業も成り立たない。
 前年比19%増の108万。増加は4年連続、伸び幅も最高
真正面から移民政策をきちんと立てるよりも悪いことが起こってませんか:
急務もくそも、既にある程度の増は見込んで考えていると思うけど。ふう。
単純労働者を海外から受け入れると
ドイツみたいな不可逆的な事態になりそうだから、
10年20年先のことを考えてAIやロボットの開発・導入で補ってほしい。
以上

記事本文: 外国人労働者、初の100万人超 受け入れ政策の立て直し急務  :日本経済新聞

関連記事