TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 北方領土の共同活...

北方領土の共同活動、遠隔医療・観光船提案へ  :日本経済新聞

15コメント 登録日時:2017-02-26 01:50 | 日本経済新聞キャッシュ

 日本、ロシア両政府が実現を目指す北方領土での共同経済活動で、日本政府が検討している事業が分かった。昨年12月の首脳会談の合意に基づき、北方四島での水産加工場の共同運営や、日本の医療機関が提供する遠隔...

Twitterのコメント(15)

@purachinadora ①イメージワン
②2667
③2305百万
④遠隔医療関連、ドローン関連
⑤来年、医療分野の抜本的な改革が追い風になると予想。思惑が膨らむ記事がこちら。
4/27から安倍首相はロシアを訪問する予定となっており、 と遠隔医療関連銘柄にじわじわ短期資金。注目!!!
遠隔診療、遠隔医療の関連として3645 メディカルネットがS高に到達中。
同関連の低時価総額(17億)の2667 イメージワンにも連動資金が向いています。
日曜版日経の一面。金曜にロシア関連がそろそろ来るかも?と書いたけど、来月18日から協議されるのは【漁業、海面養殖、観光、医療、環境】の5分野らしいので関連を再度見直しかな。
北方四島での水産加工場の共同運営や、日本の医療機関が提供する遠隔医療、クルーズ船による観光振興などが柱となる。来月からロシア側と調整を本格化させる。『北方領土の共同活動、遠隔医療・観光船提案へ:日本経済新聞』

北方領土が経済的発展をとげると、ますます当該領土の日本への返還が遠のく。これ、完全に安倍外交の失敗例だ。
北方四島での水産加工場の共同運営や、日本の医療機関が提供する遠隔医療、クルーズ船による観光振興などが柱となる。
領土返還に寄与するのか?
遠隔医療は現地医療機関と、北海道内の医療機関や大学などが協力することを検討。四島住民が日本の医師の診断を受けられるようにする/
昨年12月の首脳会談の合意に基づき、北方四島での水産加工場の共同運営や、日本の医療機関が提供する遠隔医療、クルーズ船による観光振興などが柱となる。来
実際はこんなん。で、「ロシア側はロシア法の適用を求めており日本と立場が異なる」との直前に、「これらの事業は『特別な制度』での実施となる」とする文章が意味不明なんすけど。
北方領土の共同活動、遠隔医療・観光船など提案へ [日本経済新聞]
[日経]北方領土の共同活動、遠隔医療・観光船など提案へ 日本、ロシア両政府が実現を目指す北方領土での共同経済活動で、日本政府が検討している事業が分かった。昨年12月の首脳会談の合意に基づき、北方四島での水産加工場の共同運営や、日本…
以上

記事本文: 北方領土の共同活動、遠隔医療・観光船提案へ  :日本経済新聞