TOP > 政治・経済 > 渋谷発のコロナ禍オフィス市況悪化 ITがテレワーク  :日本経済新聞

渋谷発のコロナ禍オフィス市況悪化 ITがテレワーク  :日本経済新聞

20コメント 2020-06-27 04:39  日本経済新聞

東京都心の渋谷区でオフィス市況の悪化が始まっている。景気変動に対する感応度が高いIT(情報技術)ベンチャーなどが集積する同区で、オフィス市況の変化を示す空室率が他の区に先行して上昇に転じた。新型コロ

ツイッターのコメント(20)

オフィスでしかできないような仕事はどんどん淘汰されていくだろうね。

渋谷発のオフィス市況悪化 進むIT企業のテレワーク:
オーナー様には申し訳ないけど相場を読んで賃料設定頂くのが流れかとは思います →
もっともっと悪化してくれ!今までの渋谷の坪単価が高すぎた。
北品川周辺が逆に人気なんだよなぁ。アクセスもいいし、小さいオフィスも多いから賃料もかからないしでお得らしい。
これを機に常勤性や営業所を要件としてる許認可事業の規制も見直せばいいのに。
こんなに通信・移動手段が発展してるのになんのための規制なのかさっぱりわからん。
いまの会社でも2回広いオフィスに引越してる。
リモートワークが増えるのはいいけど自宅環境整えるのがな...
我が家、電波状況が一番良いのがキッチンだから生活感MAXの背景。
バーチャル背景PCがただ重くなるだけだし...
渋谷の中小ビルの空室率上昇してるのは、スタートアップの資金力とかじゃなくて、IT大手が昨年までの大型一斉再開発時期に近隣中小ビルに分散させてたのが竣工後イッキに解約してるからちゃうの?そもそもスタートアップが借りれる賃料じゃなかったし
▼ 「2008年のリーマン・ショック時、同区は他の区に先駆けて空室率が悪化、賃料も下落に転じていた」と指摘する。渋谷区は景気に対する感応度が高いスタートアップや中小企業が集積するエリアといわれる。景気悪化の影響をまっさきに受けた市況の変化は渋谷区から始まる。
"変化が目立つのが渋谷区だ。5月の新築・既存ビルの平均空室率は2.55%と前月に比べ0.33ポイント上昇し、2016年12月以来3年5カ月ぶりの水準に悪化した">
東京都心の渋谷区でオフィス市況の悪化が始まっている。景気変動に対する感応度が高いITベンチャーなどが集積する同区で、オフィス市況の変化を示す空室率が他の区に先行して上昇に転じた。新型コロナウイルスの感染対策としてテレワークがIT企業で進んだためだ
「1000坪に満たない既存の中小規模オフィスの解約が膨らんでいる」大型新築・既存ビルは好調。
IT系かつ比較的規模の小さい会社が多い渋谷はコロナ影響が顕著のようです。街づくりの在り方が見直されていきます。
家賃はスタートアップにとって一番高いコストだったりするから、テレワークができるところとできない所で、競争力に差が付きそうだな。⇒ ITがテレワーク
ITベンチャーは身軽。
他の中小も身軽さは大きな武器。

大きな固定費の賃料の削減の機会。
過去にとらわれずにチャンスを作りたい。
, #テレワーク
オフィス需要は低迷
リモートワークが活況になるのと裏腹
テレワークがIT系オフィス需要減少の主要因というお粗末な記事(^^;;。

「 ITがテレワーク
不動産の現場から」
渋谷区でオフィス市況の悪化が始まっている。景気変動に対する感応度が高いITベンチャーなどが集積する同区で、オフィス市況の変化を示す空室率が他の区に先行して上昇に転じた

IT企業ほどテレワークを推進できるせいか
ソフトバンクグループ、本社移転するんだね
IT系なのに渋谷のオフィスに通勤、にこだわる時点で
イケテナイというイメージしかない。w
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR