TOP > 社会 > 7~9月期のGDP改定値、年率2.5%減 設備投資が減速  :日本経済新聞

7~9月期のGDP改定値、年率2.5%減 設備投資が減速  :日本経済新聞

内閣府が10日発表した7~9月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0.6%減、年率換算で2.5%減だった。速報値(前期比0.3%減、年率1.2%減)から下方修正された。マイ...

ツイッターのコメント(10)

アベノミクスの果実 / “ 設備投資が減速  :日本経済新聞”
設備投資が減速
「マイナスは2四半期ぶりで、マイナス幅は2014年4~6月期以来、17四半期ぶりの大きさだった」
⇒前回の消費増税時と同じ下げ幅。
増税延期の大義名分が出来た。
安倍にとっては朗報。
これでも上げるアホなら、すぐ辞めろ。
ねえねえ!
ネトウヨネオリベ安倍信者さぁ!
現実見ようよ!

 設備投資が減速: 日本経済新聞
アベノミクスSUGEEEEEEEEEEEEE
アベノミクス推進の黒田日銀でさえ、改竄を疑って元データの提出を迫っている怪しいGDPさえ減退とは‥。国民の購買力は下がる一方という状態なのに設備投資するわけないでしょう。
「タカ派の政策は嫌いだけど、経済では安倍さんでしょう」と議席を増やしてきたのに、実際やったのは経済の破壊とタカ派的政策ばかり。なのに支持率維持してるのはメディア支配による洗脳の成果だよね?|
アベノミクスのプロパガンダに加担してきた黒田日銀でさえ、改竄を疑って元データの提出を迫っているドーピングGDPでさえ減退する有様。実体経済は取り返しがつかないほどボロボロなのではないか。
まぁ、そうなるよね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR