TOP > 社会 > 南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む  :日本経済新聞

南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む  :日本経済新聞

13コメント 2019-07-08 04:37  日本経済新聞

法定通貨の代替資産がにわかに注目を集めている。1つ目は暗号資産(仮想通貨)ビットコイン。2つ目はゴールド(金)。3つ目は米フェイスブックが構想を主導するデジタル通貨「リブラ」だ。世界経済や通貨制度が

ツイッターのコメント(13)

Myニュース: 日本経済新聞
「世界経済や通貨制度が様変わりする予兆ではないか、と一部の専門家は身構えている。」との事です。
そうなんだ!
日経さん🤗

「南海バブル超えたビットコイン」

ビットコインの上昇を相場操縦といった近視眼で決めてかかると

ドル基軸体制の揺らぎという歴史的変化を見逃すことになりかねない。

↑ このライターさんは柔軟な方✨
専門家「テザーの発行に対する米国の監視が極めて厳しくなっている。テザー悪玉説はもはや過去の話」
永井編集委員「ビットコインの上昇を相場操縦といった近視眼で決めてかかるとドル基軸体制の揺らぎという歴史的変化を見逃すことになりかねない」
カナゴールド氏も登場。
リサーチャー @hereisyourbtg が日経にて先日の論文「Bitcoinの難易度調整アルゴリズムの欠陥と、その解決策について」を踏まえてコメントさせていただきました。

南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む
世界経済や通貨制度が、
変わる予兆!
ついに暗号資産とリブラが別枠になってるのか。。恐るべしFacebook
■南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む

BTCの上昇については、相場操縦を疑う声が根強い。
代表的なのがビットフィネックスによる別の仮想通貨「テザー」を介した価格つり上げ説だ。テザーは過去にも「錬金術」疑惑が持ち上がったいわくつきの仮想通貨だ。
最後は好意的に締めている記事|
『ある専門家「テザーへの米国の監視が極めて厳しくなっている。テザー悪玉説はもはや過去の話」と一蹴。
ビットコインの上昇を相場操縦といった近視眼で決めてかかるとドル基軸体制の揺らぎという歴史的変化を見逃すことになりかねない。』
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

[日経QUICK] 南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む
「ビットコインの上昇を相場操縦といった近視眼で決めてかかるとドル基軸体制の揺らぎという歴史的変化を見逃すことになりかねない」南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む: 日本経済新聞
南海バブル超えたビットコイン、FRB信認低下と歩む 日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR