TOP > 社会 > 干上がる国債市場に異例の一手 日銀、8年ぶり供給  :日本経済新聞

干上がる国債市場に異例の一手 日銀、8年ぶり供給  :日本経済新聞

45コメント 登録日時:2017-03-24 15:12 | 日本経済新聞キャッシュ

 日銀が市場に流れるお金の量を調節するオペレーション(公開市場操作)で「異例の一手」を繰り出した。約8年ぶりに「国債売り現先オペ」という手法を使い24日、約1兆円もの国債を市場に供給したのだ。金融緩和...

ツイッターのコメント(45)

日銀、8年ぶり供給 …「国債売り現先オペ」という手法… : 日本経済新聞 2017年3月24日
日銀、8年ぶり供給: 日本経済新聞

2017ねん3月の記事
「「国債がどこにもない」―…国債不足は日銀自身が金融緩和のため「国債を買いすぎた」ことに根本的な原因がある。日銀は長期国債の新規発行額のほとんどを買い入れている」
@Afro_spirits 国債がもう市場から無くなってしまったのだから、やむを得ない。結果、再デフレに。干上がる国債市場に異例の一手→
こういう状況で、追加緩和なんてあるはずがないな。
週間PseuDoctor】【政治】【経済】「日銀が8年ぶりに市場に国債を供給 」:リンクした日経の記事では「干上がる」「飢餓状態」といった情緒的な言葉まで使って「如何に国債が足りないか」を強調している。しかし、考えてみれば(続く
>新規国債発行額は34兆3698億円と、辛うじて前年度から減らした。

何日か前国債が枯渇して、日銀が買い取った国債を「売り」に出すとか言い出したけど↓


国債発行増やせよ
"市場の国債不足は日銀自身が金融緩和のため「国債を買いすぎた」ことに根本的な原因がある。"

クレームは供給元にどうぞ。
😱日銀の買い過ぎて国債不足が深刻!
決算期末を控えて金融市場で国債不足が極端に強まり、日銀は国債売り現先オペを実施。これは、一定期間後に再び買い戻す条件付きで日銀が保有する国債を金融機関に売却するオペで、08年以来。
科学VS風評>
コーヒーが品切れの喫茶店じゃ商売できません>
"市場の国債不足は日銀自身が金融緩和のため「国債を買いすぎた」ことに根本的な原因"
こんなことあったのか、一応気に留めておこう。
日銀、8年ぶり供給 …約8年ぶりに「国債売り現先オペ」という手法を使い24日、約1兆円もの国債を市場に供給した… :日本経済新聞
簡単に言えば、銀行にとって現金が余り過ぎているということ >
国債大人気だなw:
日銀はやってる事があべこべになってきたからな。そんな中で黒田は無責任に任期満了で逃げるわけだ
引用〈市場から資金を吸い上げたとの誤解を生みかねない〉、〈資金の吸収が狙いではなく、3月の決算期末を控えて金融市場で国債不足が極端に強まっていたことが背景にある〉 /
インフレ率が高まってデフレ脱却できるまで国債発行額を数パーセントずつ増やしていくべき。フィードバック制御しろよ。財務省仕事しろ、財政再建なんていう趣味で暇つぶしすんのやめろ。国民経済の実態を見ろ! / “干上がる国債市場に異例の…”
財務省が国債発行すればいいだけだよね ⇒
いつ来るインフレ
手詰まり感が満載だね。
注目される動き。日経新聞「 日銀、8年ぶり供給」
国債が必要なのにプライマリーバランスとか国の借金とかいう人のせいで国が供給しないから、市場が崩壊しかかってる
長期債の低金利は小口の不確定需要を高める結果が出ましたね。
こんなニュースをスルーしているリフレ派界隈は、目新しいFTPLに飛びついて、量的緩和にはすっかり関心がなくなったのかなw

 日銀、8年ぶり供給(日経)
「金融機関の間では貸借対照表上に余分な現金を置くより国債で運用しているほうが決算上見栄えが良く、さらに国債は様々な金融取引の担保としても使われている」そんなことも知らずにボーラク騒いでたんですか?浜美佐記者(´・ω・`)
Zが国債発行すればいい。統合政府ベースで財政再建できたのだから国債品不足は当然→
「国債がどこにもない」――。年度末に向け、市場では国債の奪い合いとも言うべき状況が起こっていた。
(;・ω・)「…国債切れです…」
( -ω-)「だったら発行しろマヌケェ…」
>
財務省が十分な国債を出さないのが問題でしょう。 / “  :日本経済新聞”
日経記事は短期債市場と長期債市場を一緒くたしているよ。単なる売りオペなの。 @internet_co: 日銀も政府もバカね。国際が市場に足りない 
 #ベーシックインカム
あーあ国債がなくなっちゃった→
国債売り現先オペを実施したのは2008年11月28日以来。金融機関からは2兆601億円の応札があり1兆2億円を落札した。3月の決算期末を控えて金融市場で国債不足が極端に強まっていた
三月だから起こることなんかねぇ。
さっさと国債追加発行しろや。

//…「国債がどこにもない」――。年度末に向け、市場では国債の奪い合いとも言うべき状況が起こっていた。
日証協が23日公表した指標金利(東京レポ・レート)は1週間物(期日は3月27日~4月3日)の取引が前日比0.686%低いマイナス0.788%と、過去最大のマイナス金利に沈んだ。
◆利息のほとんど付かない低利の国債で市中のカネを吸い上げて、利回りのいいETF購入なら、日銀の収益が改善するんじゃないのか??カネの運用ができない地銀・信金の救済だろ?・・・干上がる国債市場に異例の一手日銀、8年ぶり供給
マイナス金利が強まるのは、市場での金利引き下げと運用拡大につながるから、結果として期待した通りでもあるし、かまわないはず。/
今度は国債を売ったの。よく分からない。
異次元と自ら呼ぶ大規模な金融緩和のために国債を買いまくってきた日銀が、久しぶりに国債を市場に供給するオペレーションを実行しました。これまでとは逆方向にみえる手法になぜ動いたのか。そのカラクリを解き明かします▶
以上

記事本文: 干上がる国債市場に異例の一手 日銀、8年ぶり供給  :日本経済新聞

いま話題の記事