TOP > 社会 > 日本経済新聞 > ビール系飲料出荷...

ビール系飲料出荷が過去最低 1~6月、安売り規制で  :日本経済新聞

27コメント 登録日時:2017-07-12 11:41 | 日本経済新聞キャッシュ

 ビール大手5社が12日発表した1~6月のビール系飲料の課税済み出荷量は、前年同期比1.3%減の1億9025万ケース(1ケースは大瓶20本換算)だった。上期としては5年連続で過去最低を更新した。消費者...

Twitterのコメント(27)

これは大変だ。税収減っちゃうよ。
だから酒税アップして税金集めないと。
税金は、取れる所からしっかりとらないとダメだからね。
私たちのせいかな!(^-^)
手軽なだけに気分的なものに左右されやすいからねえビールって
そういえば夏だっ!ビールだっ!的なテレビCMを観なくなった
昔はバンバン流れてたのに
ビール値上がりしたのと肝臓の数値が上がってただいま断酒中。つらい。
本当は飲みたい。
あと、発泡酒は遺伝子組み換えが抵抗あるし。
2002年から比べると3割減か。大変みたいだけど、例のあんな宣伝でカツが入る気もしないし…商品名認知させられれば何でもいいと思ってるのかねーやっぱり。
めちゃめちゃ高くなった割にさほど売れ行き下がってないな?
嘘だろ…?僕ほぼ毎日飲んでるのに…
メーカーは売上落ちても販促費も下がっているから最終利益は変わらないのかな?だとするとメリットを受けたのは中小業者でデメリットを受けたのは量販店と消費者だけになるね。/ 1~6月、安売り規制で:日本経済新聞
デスクの森松です。若年層のアルコール離れもあって、暑い夏は「ビールで1杯」とも言えなくなってきました。
CMで無理する理由かな。でも人口減ってるからね。高齢者はあんまりビール飲まんし /
1~3月では出荷量は0.7%減にとどまっていたが、下げ幅が拡大した。「安売り規制の影響で6月に缶チューハイや輸入品のプライベートブランドビールに流れた」/3分野がそろってマイナスになるのは初めて / “ビール系飲料出荷が過去最低…”
出荷量よりも重要なのは、安売り規制によって利益率がどの位上昇したのかという検証ですよね。
でも出荷量1.3%減か…第三のビールで一品単価も下がってるし、利益の確保も難しいかな?
一体誰得なんだろう?様々な局面での弱い者イジメがジワジワと進行してるですよ。ー
ビール安売り規制なんか良いこと無し!
『さっさと廃止しろ〜!!!』
『廃止しろ〜!!!』
…プシュレヒコール 。
最近ビールより、アルコール0のビール風味飲料が好きなんだよね…
まぁ、当然ですね。というかこの規制の意味がわかりません。 →
「安売り規制」... 日本はつくづく社会主義なんだなあ。実体は。
「安売り規制の強化直後は前年比1割以上販売数量が減った」
ビール安売り規制に穴を開けるどころか岩盤強化した安倍ドリルの実力ww。
>
あれから減らしたもんなあ。
暑くなるからこれから伸びるのでは?
私はどこのビールでもいいけどスーパード●イは遠慮したいです
まぁ、そうなるよね…としか。
この規制って誰得…??的な。
ビールが1.4%減の9421万ケース、ビールより安い発泡酒が2.4%減の2636万ケース、最も割安な第三のビールが0.7%減の6967万ケースだった。3分野がそろってマイナスになるのは初めて。
第3次産業活動指数によれば、ビールの消費に影響を与えると思われる「パブレストラン、居酒屋」は2010年と比較して2割以上の低下(飲食店、飲食サービス業はほぼ横ばい)。/ 1~6月、安売り規制で:日本経済新聞
官製不況、責任とれよ。
>
俺の彼女もビールマズイって言ってるからなー。女性はやっぱワインとか果実酒とかの甘いお酒が好きだよね。
悪い規制の見本>
以上

記事本文: ビール系飲料出荷が過去最低 1~6月、安売り規制で  :日本経済新聞

関連記事