TOP > 社会 > 独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引  :日本経済新聞

独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引  :日本経済新聞

 重電世界2強の独シーメンスと米ゼネラル・エレクトリック(GE)の業績が堅調だ。けん引役は電力事業。天然ガスで発電するガスタービンや風力発電向け機器などが好調だ。両社ともに2011年3月の日本の東日本...

ツイッターのコメント(67)

これを読め!まだ目が覚めない人々よ!⇒
原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。

日本経済新聞 2017/5/4(木・祝) 20:19
"両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。
原発を見限った電力会社は伸び、原発にこだわった東芝は倒産寸前。
重電世界2強の独シーメンスと米ゼネラル・エレクトリックの業績が堅調。けん引役は電力事業。両社ともに原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。東芝との明暗が分かれた。
原発やめましょうよ
両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。
「両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。」
東芝馬鹿なの?馬鹿政府の犠牲者なの?
けん引役は電力事業。天然ガスで発電するガスタービンや風力発電向け機器などが好調だ。 :日本経済新聞
脱原発した企業が伸び、原発にしがみついた東芝は⤵️。東芝が原発で四苦八苦する間、GEとシーメンスは電力事業の内容の組み替えを着実に進めた。世界のエネルギー情勢の変化への判断で明暗が分かれた
東芝を地獄に引きずり込んだWH・・・といっても、WHは1980年代から事業の売却や分離を推し進め、その実態はCBSとバイアコムに吸収され消えている。原発の「WH」も1998年BNFL→2006年東芝と高値で売り飛ばされた→
ババつかまされ国家日本
安倍のもと
シーメンスとGEの共通点は福島の事故を契機に原発から本格的に距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に明確に求め始めた
東芝は原発にしがみつきドボン→
ニッポン、なにやってんだか(ノ_・,)
東芝にはこの後米での巨額の廃炉費用が重なってきます。日本では自民党と原子力村が税金で3,40年、数兆円かかる廃炉費を負担させようとしています。ドイツは法律で電力会社に廃炉費貯蓄を義務付けています。
原発というババを掴んだ東芝【独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引】
日経新聞にしてはこういう記事、珍しいのでは?
・・・資源がない国だからこそ、再生可能エネルギーを推進することが国の将来の発展に役立つとは考えられないのだろうか?
「両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。」
(日経新聞)
けん引役は電力事業。天然ガスで発電するガスタービンや風力発電向け機器などが好調だ。両社ともに...原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。
福島事故前、業績面で開きはあったものの、東芝は火力や再生エネ分野などで2強に挑戦できる立場にあった。東芝が原発で四苦八苦する間、GEとシーメンスは電力事業の内容の組み替えを着実に進めた / “独シーメンスと米GE、「脱原発」業績…”
それに比べ安倍政権は。。。「シーメンスとGEの共通点は福島の事故を契機に原発から本格的に距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に明確に求め始めたことだ。」
福島原発が事故ったあとでこの認識だからね、日本スゴいわ…。→「11年4月、…佐々木則夫社長(当時)は15年度の達成時期は遅れるが、原発受注が拡大するとみた。」/
日経にすらここまで書かれてる。日本が沈み続けてる理由がとても良くわかる。戦時中から本質が変わってない。
火力や再生エネルギーにシフトした重電世界2強の独シーメンスと米ゼネラル・エレクトリック(GE)の業績が堅調。その一方、世界の発電エネルギー事情の変化への適応を拒否し、国策に従って原発に注力し続けた東芝…。
もう20年以上前から世界にトレンドは脱原発なのに、日本のメディアは今頃記事にする。東芝という犠牲者が出る前にオピニオン発信してもらいたかった。
”共通点は福島の事故を契機に原発から本格的に距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に明確に求め始めたことだ。両社は100年以上の歴史を持つが電力は中核事業であり続けた”
記事リンク =>
要は原発が儲かるものでもないということですね。
日経:重電世界2強の独シーメンスと米GEの業績が堅調だ。けん引役は電力事業。天然ガスで発電するガスタービンや風力発電向け機器などが好調だ。両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き…
原発キチガイぼけ老人、東芝無能、安倍晋三無能。
「両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト」
2017/5/4 20:19
独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引: 「両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた」
“天然ガスで発電するガスタービンや風力発電向け機器などが好調” “原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた”
原発にしがみついた東芝は瀕死状態じゃけん=^.^=
「2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。」
日本経済新聞: 独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引 「シーメンスとGEは福島事故を契機に原発から距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に。両社は100年以上の歴史を持つが世界の発電エネルギー事情の変化に適応」
「原発推進」で倒産寸前の東芝。それに対して、独シーメンスと米GEは「脱原発」で業績向上けん引
原発3社。2者は脱原発で堅調。東芝は原発と共に沈没。これが世界の趨勢 :
国家社会主義政商より資本主義の方がずっとマシな例。
経産省の責任も大。
今回はウェスチングハウスの影響だったけども、他のメーカも似たり寄ったり。次は日立ということにならないといいですけどねぇ。。。
独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引 『15年に完了した仏アルストムの電力部門買収で高効率蒸気タービンを手に入れ』それまでGEのコンバインド向け蒸気タービンって基本GEと業堤してた東芝がやってたんだけど、もう切られるのかな
3強(日本の東芝,独シーメンス,米GE)の明暗

「原発」にこだわってダメになった東芝
他方,独シーメンスと米GEは「脱原発」で好調
明暗な東芝の再生事業に必要な名案は?⇔米独の発電二強は東日本大震災を機に原発から距離を置き、資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗⇔独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引
日本の愚かさに唖然とするが、独も米国も、あれだけの事故があったのに東芝に原発をやらせた経産省の今井尚哉のような人物が国を牛耳ってはいないからだろう(嘲)。★独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引
東芝は世界の流れが読めていない。日本政府もね。ーーーーーーー
|「東日本大震災を機に原発事業から距離を置き」「原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた」。海外では手を引いてた。
許せない / “  :日本経済新聞”
「シーメンスとGEの共通点は福島の事故を契機に原発から本格的に距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に明確に求め始めたことだ」
・・・この毅然とした方向転換!読んでいてため息が出ます。
適者生存。環境に適応できない企業は滅びる。原発事業は現代の恐竜と同じ。
両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。
独シーメンスと米GE、 業績けん引
震災後に原発から離れた人たちは賢かったのね。日本人だけが原発にしがみついたのね。。
この分野の研究者や業界関係者であれば周知のことですが、日経新聞でもこのような論調の記事が書かれるようになったとは、日本もいよいよ潮目が変わりつつあるということでしょうか。
独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引
独シーメンスと米GEの業績が堅調。共通点は、福島の事故を契機に原発から距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に明確に求め始めたこと。日経から。  東芝が原発で四苦八苦する間、両社は電力事業の内容の組み替えを着実に進めた。
2011年春もう原発は終わりだと思ったけれど、日本では不思議にも再稼働。でも、希望はあるかも。
3社共に100年以上の社歴。
この2社はつえぇーな。
日経)

シーメンスとGEの共通点は福島の事故を契機に原発から本格的に距離を置き、電力事業の成長を天然ガスと再生エネ分野に明確に求め始めたことだ。
一方の東芝は原発にこだわり続けた。
独シーメンスと米GE、「脱原発」業績けん引(日経・5月4日) シーメンスとGEは福島の事故を契機に原発から距離を置き、成長を天然ガスと再エネ分野に求めた。世界のエネルギー事情の変化に適応してきたからこそ電力ビジネスで勝ち残ってきた
続き2)  GEは、17年1~3月期は最終黒字に転換。15年に完了した仏アルストムの電力部門買収で高効率蒸気タービンを手に入れ、GEのガスタービンを組み合わせた発電設備が好調。再生エネの売上高も22%増と弾みがついてきた。
以上
 

いま話題のニュース

PR