TOP > 社会 > 生活保護不正受給数が最多更新 15年度、金額は減少  :日本経済新聞

生活保護不正受給数が最多更新 15年度、金額は減少  :日本経済新聞

11コメント 2017-01-21 09:28  日本経済新聞

 厚生労働省は21日までに、2015年度の生活保護費の不正受給数が4万3938件となり、過去最多を更新したとの集計結果を公表した。前年度から917件(2.1%)増加した。一方、金額は4億8495万円減

ツイッターのコメント(11)

生活保護の不正受給は2015年度で約4万4000件、総計170億円。違反割合は0.4%。一方、今年の6月までの1年間で富裕層の申告漏れ…つまり不正申告は670億円。国税局が調査した5200件のうち4300件が不正申告。違反割合は80%以上。富裕層への締め付けを強くすべきですよね。
生活保護不正受給数が最多更新 15年度、金額は減少:日本経済新聞
金額は4億8495万円減の169億9408万円だった。
2015年度の生活保護費の不正受給数、件数は増加・金額は減少

1件当たりの金額は38万7千円で、厚労省が把握する1997年度以降で最低。厚労省は「収入調査が徹底され、早期の段階で発見されるようになった」
「不正受給額が過去最高」って母数が過去最大なんだから当たり前だよなぁ。
@ssk5963 @Y623PhG61O6Z5qY さあ、どうでしょうねw
最近は生活保護の不正受給みたいな
理不尽な話も多いですし。

もっと取り締まりを
強化して欲しいですよねー。
4万4000件、170億円か(2017/1 の記事)→生活保護不正受給数が最多更新   :日本経済新聞
生活保護とかも一部のアレな件だけが騒がれるけど、不正受給なんて全体の2%とかだからね(もちろん発覚していないものもあるだろうけど、それを入れたとしても大半が不正なんてことは絶対にない)。

メディアの感情的な印象操作には注意してね。
生活保護不正受給数が最多更新 15年度、金額は減少:日本経済新聞  HOGO NAMENNA!SHAT 悪は絶対許さない。
小田原市の職員は無問題
“不正受給数が4万3938件”で“生活保護受給者は16年10月時点で、全国で214万4759人”だから率としては2%くらいの不正率。 / “生活保護不正受給数が最多更新   :日本経済新聞”
2015年2,144,759人÷127,094,745人=1.687%かぁ〜、100人に対して2人弱かぁ〜。>>
生活保護不正受給数が最多更新,15年度,金額は減少:日本経済新聞
[日経]生活保護不正受給数が最多更新  厚生労働省は21日までに、2015年度の生活保護費の不正受給数が4万3938件となり、過去最多を更新したとの集計結果を公表した。前年度から917件(2.1%)増加した。一…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR