TOP > 社会 > 女川原発建屋の一部、耐震強度7割低下  :日本経済新聞

女川原発建屋の一部、耐震強度7割低下  :日本経済新聞

23コメント 2017-01-17 21:10  日本経済新聞

 東北電力は17日、女川原子力発電所2号機(宮城県)の原子炉建屋の一部で耐震強度が7割ほど低下したことを明らかにした。2011年の東日本大震災と余震の影響とみられる。原子炉の本体がある圧力容器など重要

ツイッターのコメント(23)

今頃かい???
女川原発建屋の一部、耐震強度7割低下

被災した原発って車でいったら事故車でしょ。
被災原発女川の再稼働なんて以ての外だわ。
北朝鮮のミサイルもアレだけど女川原発の方が心配。
震災で建屋の強度が7割低下したらしいし。



安全すぎて泣ける。
耐震強度が七割ほど低下した原子炉建屋って安全性を確かめる意味あるの?もう必要ないんじゃない。
もうやめな。
『  :日本経済新聞』

「原因ははっきりしないが、震災に伴う強い揺れで建屋の壁が損傷し、その後の余震などで強度低下が進んだ可能性があるという。」
女川でこれだけ傷んでて福島第一はもっと危険じゃろ思うのが普通だべ。。
”原子炉建屋の一部で耐震強度が7割ほど低下したことを明らかにした。”
これも違うな。
日経:   東北電力は女川原子力発電所2号機の原子炉建屋の一部で耐震強度が7割ほど低下したことを明らかにした。東日本大震災と余震の影響とみられる…細管の溶接部分なんか危なそうだけどね
東北電力は17日、女川原子力発電所2号機(宮城県)の原子炉建屋の一部で耐震強度が7割ほど低下したことを明らかにした。2011年の東日本大震災と余震の影響とみられる。
日経「女川原発建屋の一部、耐震強度7割低下」:「原因ははっきりしないが、震災に伴う強い揺れで建屋の壁が損傷し、その後の余震などで強度低下が進んだ可能性があるという。」
「原因ははっきりしないが、震災に伴う強い揺れで建屋の壁が損傷し、その後の余震などで強度低下が進んだ可能性があるという」
原因ははっきりしないが、震災に伴う強い揺れで建屋の壁が損傷し、その後の余震などで強度低下が進んだ可能性があるという。←シレっとやばい記事やん。
1130カ所で細かなひび割れが見つかった>
いつ、どこが、を曖昧にしてますが、建屋が損傷している可能性大。
「1130箇所にヒビ割れ」があるなど《地震の揺れで原子炉建屋が壊れた》と書いてますね。

【  :日本経済新聞】
構造に大ダメージが無ければ7割も落ちることは無いと思うんだけどなあ。そういうレベルで内部的な破壊が起きてたってことだろうか。
なんだ、これ。7割低下?
次にまた地震が来たら耐えられませんね。再稼働なんてとんでもありません。/
熊本地震のように、強い地震が続けてきたらアウトじゃん。耐震補強するまで地震の神様は待ってくれるかい?
[日経] 東北電力は17日、女川原子力発電所2号機(宮城県)の原子炉建屋の一部で耐震強度が7割ほど低下したことを明らかにした。2011年の東日本大震災と余震の影響とみられる。原子炉の本体がある圧…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR