TOP > 社会 > 認知症で行方不明1万5000人 16年、4年連続最多  :日本経済新聞

認知症で行方不明1万5000人 16年、4年連続最多  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2017-06-15 14:32 | 日本経済新聞キャッシュ

 認知症が原因で行方が分からなくなったとして、2016年に全国の警察に届け出があった行方不明者は前年比26.4%増の1万5432人だったことが15日、警察庁のまとめで分かった。12年の統計開始から4年...

Twitterのコメント(11)

@nikkei 2016年度の認知症行方不明者 15,000人 前年比26.4%増という勢い。
そんなにいるんや、、。
驚き。
read:2016年、認知症で行方不明1万5000人
警察や家族などによって98.8%は、年内に所在が確認されているとあるが・・。2016年全体の行方不明者数は、前年比3.4%増の8万4850人に及ぶ。
これすごい怖い「」[認知症で行方不明1万5000人   :日本経済新聞]
認知症行方不明1万5000人、自殺者3万人、交通事故死者数4000人。。。て書くと餃子の王将っぽい。
診断がついたらGPSを埋め込むとか本気で考えないと色々問題が生じると思う。
16年、4年連続最多:日経 大阪府が最多なのはわかったようなわからないような話だが、東京より埼玉の方が多いのはさっぱりわからないな。
認知症が原因で行方が分からなくなったとして、2016年に全国の警察に届け出があった行方不明者は前年比26.4%増の1万5432人。日経から。  警察や家族などによって98.8%は年内に所在が確認されており、早い段階の対応が重要。
見出しだけだと1万5000人が未だ行方不明かとドキッとした。

>16年に所在が確認された不明者は計1万5314人。
以上

記事本文: 認知症で行方不明1万5000人 16年、4年連続最多  :日本経済新聞

関連記事