TOP > 社会 > 大学教員の研究時間減少続く 13年、勤務全体の35%  :日本経済新聞

大学教員の研究時間減少続く 13年、勤務全体の35%  :日本経済新聞

 大学教員が研究に充てる時間が減り続けていることが7日、文部科学省の科学技術・学術政策研究所の調査で分かった。2013年の勤務時間に占める研究活動の割合は35.0%で、08年の前回調査から1.5ポイン...

ツイッターのコメント(189)

海外のトップジャーナルに掲載されれば読まれるのだろうけど、それめざして調査研究するまとまった時間を誰かください
研究不足は否めない。。。
これ↓
文科等の締め付けによる検証という名の書類や証拠作り、事務の仕事の肩代わり、仕事しない(できない)教員の尻拭いが入ってない。
実際は上記が7割かと、、、
初年次教育はともかく、「留年した学生との面接」とか「新入生向けの論文の書き方指導」とかは共通化できそうだし大学側でサポート作れそうなところだと思うけどなぁ
| 毎度のことながら文科省の他人事感が凄まじい。>「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」
他の方も類似の感想をお持ちだが、もう負け戦の典型。
援軍も支援も無理だから、現場で(精神で)乗り切れと。
わくわくしますね「文部科学省の科学技術・学術政策研究所の担当者は「研究時間を確保する工夫を各大学が行い、質の高い論文を多く生み出せる環境を整えてほしい」と話している。」
これ、勤務に対して大学に対して文科省が色々と指示だしたら、介入だ!ってやるんだろうね。
研究者から「お前が言うな」という総ツッコミが入るような発言だと思った。

>同省は「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」
これ以上は物資も援軍も送れないのであとは現場で何とかしてくださいという日本陸軍的なアレですか…
>医学や歯学など「保健」の教員の研究活動は31.9%と特に低く、08年より6.9ポイント減った

大学時代、平日勤務時間の3割も研究に当てられてる教員は見た事ないぞ。土日や時間外まで含めてるんと違うか?
原因が自省と気付いてない
「学生が議論などを通じて課題を解決するアクティブ・ラーニングや、高校までの学習内容を復習させる初年次教育が広がり、そのための準備時間が増えた」
「研究時間増加に有効だと考える手段は」との問いに、全体の6割以上が「大学運営業務や学内事務手続きの効率化」と答えた。

答え出てませんかねー
これ僕はブチ切れるんだけどなんでみんなブチ切れないの? いま目の前に文部科学省の役人いたら血を見てるよ?
>研究時間を確保する工夫を各大学が行い、質の高い論文を多く生み出せる環境を整えてほしい
自由度の高い予算を付けて人を増やしてみたらどうでしょうか。
校務は?ねえ、校務の割合は??
多忙にはなっている。でも、どんな状況でもやる人はやってる。やらない人はやらない。いつの時代もそんなものかな…、と。
大学で夜更けまで打ち合わせて、さあ帰ろうかという時でもトイレで別の教授とあったりするもんな。夜や休日にスライドするしかないという現状はあるな。
向こうから余計な管理仕事増やしといて、お前ら仕事の効率悪いって怒る上司よくいるよね。ブラックの論理。だったら解決策示せばって思う。
文科省が 「研究時間を確保する工夫を各大学が行い、質の高い論文を多く生み出せる環境を整えてほしい」というお達しを出したらしい。このお達しはたいへんけっこうだが、「改革」とやらを矢継ぎ早にもとめる文科省がどのくちで言うか、とも思う。
学会事務の効率化も。「「研究時間増加に有効だと考える手段は」との問いに、全体の6割以上が「大学運営業務や学内事務手続きの効率化」と答えた。」
学生の教育に充てる時間の増加が背景で、同省は「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」としている:
意味の感じられない雑務が多すぎる。
さあ、バンバン休講出してくれてええねんで
研究したい人は海外に行けということかな……。
教育に時間をかけるようになったようにも見えないんだけどな。独立行政法人化で雑用や会議やチェックが増えたんじゃないの。
「大学教員の研究時間減少続く」文科省「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」 という2015年の記事が今更たくさん流れてくる
「どうやって? どういう風に?」具体的に提案・受け入れをしないと何も変わらない。学者は専門以外のことは何もできないのではないか?//
文科省「研究時間を確保する工夫を各大学が行い、質の高い論文を多く生み出せる環境を整えてほしい」
文科省の「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」に対する本学の対応が「教育を削る」のようですね。もう、卒論も選択制にするのではないでしょうか。「 13年、勤務全体の35%」
これ見ると私大教員はなりたくないな〜ってなる
場所によるんやろけど
各大学が,じゃなくて,国を挙げてやらないともう日本の研究現場は終わってしまうぞ・・・:
ほうほう,勤務時間の1/3も研究に割けるのですかそうですか。(呆)>>
(´・ω・`)…はからずしも、当の「文部科学省の科学技術・学術政策研究所」の研究時間の低下を示唆する結論になっていて興味深いな。
つまりは口だけだな。>>>
文科省が自身のやってきたことにここまで無反省なのが、なによりの原因だよ。
グラフ見ると、教育が30%にも届いていないんだけど。。
全くの根拠無しでうそぶく文部科学省🇯🇵。文科省🇯🇵の狙いは単に大学教育の人減らし、人件費減らしをしたいだけの話。これもみんな根底には日の丸🇯🇵愚民たちが自民🇯🇵を支持し続けることが遠因。ゼニカネ亡者の吹き溜まりの天皇🇯🇵教国家なり。
文科省は「工夫して欲しい」 > アクティブ・ラーニングや、高校までの学習内容を復習させる初年次教育が広がり、そのための準備時間が増えたことなどが要因とみられる。
同研究所の担当者は「研究時間を確保する工夫を各大学が行い、質の高い論文を多く生み出せる環境を整えてほしい」と話している。/ 工夫で何とかなるんならもうとっくにそうなってる。「足らぬ足らぬは工夫が足りぬ」って頃と文部科学省は一緒だ。
文科省「各大学に工夫して欲しい」ハハハ
こんなの、とか。
そもそも大学では教育と研究は一体のもの。教育にかける時間を「手間」と評する者が大学の教壇に立っちゃいかんだろ。研究時間確保のために大学がやるべきことは(途中にサラッと書いてあるけど)ハッキリしている。
これ2年前の記事だけど、状態は悪化しているんじゃないかと感じている→
大事な事なので2回引用しておく。「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」
もう研究以外の仕事の方が圧倒的に多いです。
「同省は「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」としている。」
もっと見る (残り約139件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR