TOP > 社会 > 米国株、ダウ5日ぶり反発し354ドル高、好調な年末商戦や原油高を好感 (写真=AP) :日本経済新聞

米国株、ダウ5日ぶり反発し354ドル高、好調な年末商戦や原油高を好感 (写真=AP) :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2018-11-27 06:42 | 日本経済新聞キャッシュ

【NQNニューヨーク=川内資子】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前週末比354ドル29セント(1.5%)高の2万4640ドル24セントで終えた。米年末商戦が好調な滑り出...

ツイッターのコメント(13)

日米株価の上昇は下げ過ぎに対する自律反発で、確固たる上げ材料があるわけではない。上昇相場の回復には米中貿易摩擦の改善が必要。引き続き月末の米中首脳会談がきちんと開かれ、協議が進展するかがカギ。「ダウ354ドル高、好調な年末商戦や原油高を好感」:日経電子版
米主要経済指標26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発しました。米年末商戦が好調な滑り出しとなり、景気減速への警戒感が薄れました。
▶︎NY株5日ぶり反発
NY株5日ぶり反発 

『クレディ・スイスのアナリストが投資判断を「買い」で始めた画像処理半導体のエヌビディアも大きく上昇』
NY株5日ぶり反発し354ドル高、
○ダウ上昇

ダウは5営業日ぶりに反発、前週末比354ドル29セント(1.5%)高の2万4640ドル24セントで終えた。米年末商戦が好調な滑り出しとなり景気減速への警戒感が薄れた。原油安の一服やイタリアの財政問題の懸念後退も投資家心理を上向かせ幅広い銘柄に買いが入った。
感謝祭休暇明けの26日のダウ平均は5日ぶり上昇。354ドル高と上げ幅は7日以来の大きさ。年末商戦の出足好調や原油安の一服を好感。市場心理が好転しました。米中首脳会談をにらみつつ、どこまで戻るか。
▶NY株5日ぶり反発
年末商戦で小売が好調ね
予想通り、NY株も反発しましたね。
11月は短期的な下落相場となりましたが、世界中で株価が下げすぎたため徐々に買いが入り、既に上昇に転じ始めています。
そもそもの発端であった米国長期金利の上昇も今は下落しているため何の心配もなく、年末の上昇相場を待つだけです😌
半導体やネット通販が高い。

米国株、ダウ5日ぶり反発し354ドル高、好調な年末商戦や原油高を好感: 日本経済新聞
NY株5日ぶり反発、
昨日の段階で小売が好調でブラックフライデーも記録更新しそう
年末に向けて切り上げそう
とか担当さんから電話あったけど、そのタイミングなのかな
おはようございます(*゚ー゚)v
記事⬇︎🇺🇸💹⤴︎ 🇯🇵💹?
以上

記事本文: 米国株、ダウ5日ぶり反発し354ドル高、好調な年末商戦や原油高を好感 (写真=AP) :日本経済新聞

いま話題の記事