75歳で高齢者、65歳は「准高齢者」 学会提言  :日本経済新聞

 日本老年学会などは5日、現在は65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言を発表した。医療の進展や生活環境の改善により、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返

ツイッターのコメント(128)

ただまあ、年齢関係についての自分自身の問題としては、「高齢者」の定義をWHOのものを脇に追いやって、日本独自の定義にしてしまおうという動きの方が危機感を覚えてるけど。

 学会提言: 日本経済新聞
3年前のニュースだが、高齢者の定義が75歳以上となっている。
定年退職60歳、65歳説は実質破綻している。

 学会提言: 日本経済新聞
去年のこれで予想はついてたけどさー誰もが予想してただろうけどさー
いやいや、高齢者でいいから/
高齢者だって健康な人いるし、むしろ若くて病んでる人の方が多いよな
精神的な問題でさ。

楽しいことを見つけよう。
山雅のサポの元気な方々にはこの分け方さえ微妙かもしれない。>>>
高齢者の定義が変わるそうで。
年金の受給年齢とか、いろいろシフトしそうだね。いろいろ、表面化して来た模様。
年金減らすためにも75歳まで働けってことにしか聞こえない。精神年齢は確かに10歳以上若いかもしれないけど体力は年々衰えることに変わりないでしょ😭
昨日病院に用があり年齢の話であれやこれや夫が言うんですよと言ったら老人の定義が65歳から75歳になるという議論がなされてる今、若い若い!!と。
新聞記事より。「 学会提言」  意識の問題としては提言に近い部分があるとしても、社会システムとしては違和感がありますね。平均寿命も極端に延びていませんし、慎重な議論が求められます。
 
PR
PR