TOP > 社会 > 春秋  :日本経済新聞

春秋  :日本経済新聞

187コメント 登録日時:2016-01-13 07:06 | 日本経済新聞キャッシュ

 人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったことだ」と振り返ったことがある。弟分バンドのモット・ザ・フープルの代表曲となり、洋...

ツイッターのコメント(187)

おれ新聞大好きで、10年近く日経読んでたのだけれどコレが載った日にやめた。久しぶりに読み返したが本当にひどい。

「「火星から来た宇宙人」を名乗り、ウルトラマンをまねたような扮装(ふんそう)で歌い踊る。子供だましと言えばそれまでだが、」
【昨年の今日】「人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは“自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったこと”」(日経160113) ←日経のアホ記事、サイトにもあがってた。これ、よく校正通ったな…。
既にネット上で話題の日経の社説。一応ボウイ追悼だが…ここから日本の経済人の平均的な文化資本を推測されると困るかも。
因みに元のダメ記事はこちらです→
例の日経のデビッド・ボウイのミスリードコラムです。
FTジャーナリストが24時間ストらしいけど…これが原因じゃないのか /人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったこと
なんやこのボウイ評 →
ええ加減にせえよほんま笑 /
日本経済新聞てなこの程度のもんか。子供騙しねえ。 --
日経のデヴィッド・ボウイの記事知らなかった。モット・ザ・フープルの話から始めるの僕のツイッターと同じ(僕が先だ!)。といってもこれは有名な話なのでみんな言うと思う。批判されてるけど悪い記事とも思えない。「変化した」、本当にそう思う。
ほんとひどい文w >人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったこと
「火星から来た宇宙人」を名乗り、ウルトラマンをまねたような扮装(ふんそう)で歌い踊る。子供だましと言えばそれまでだが、怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない。
なんじゃこりゃ。。。唖然。。。。
日経は世界中のデヴィッド・ボウイファンを敵に回すつもりらしい。
日経は頭おかしいってわかる記事
これか
極北!笑
何処から目線なのかよく判りませんが…………日経、品性の欠片もない素敵な文章に強かに失望しました。こりゃ、ファンならみんな怒るわ……
確かにこれは酷いわ。書いてるのその辺のジイさんかなんか?資源の無駄以上に加えて公害。
日経の社説「春秋」でのボウイ評がひどすぎるとのツイートをTLでいくつか見かけた。 書き手の頭の中を推測すると「ウルトラマンをまねたような扮装で歌い踊る」というのはダダ星人のことかな?笑
今日からこの記事を書いたことが「(筆者が)人生で最も後悔した」ことになるかもな /
やはりデヴィッド・ボウイ追悼記事として最低だな。日経春秋。
ひ、ひどい これはコラムではないだろう、寝言だ
朝からヤクい。 『怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない。本人も日本が気に入り、飛行機嫌いなので船に乗ってまで来日したこともあった。』
春秋
なんか、へんちくりんなデビッド・ボウイの追悼記事!/
これ書いた人、デビット・ボウイなんてどうでもいいんだろうな。
この社説もヒドイです
「子供だまし」っていうところへの批判が多いけれど、それは「大人ぶり」がすべっているだけで逆にこっちが嗤ってやればいい。僕はむしろ一番最後の一文のほうに脱力する。言うに事欠いてそんな「教訓」かよ。/デビッド・ボウイ
日経のデビッド・ボウイ論が「おっさんだまし」な件。「子供だましと言えばそれまでだが、怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない。」 1月13日付「春秋」
TL見て何かと思ったら・・・これ何だ?書いた人が何を言いたいのかよく分からん・・・(苦笑)
表現の自由と言えばそれまでだけど、デヴィッド・ボウイがウルトラマンじみた?
子どもだまし?

刺激的な表現を使えばいいってもんじゃないよ。
くたばれ、日経。
日経の春秋コラム、以下の部分については訂正記事を出してほしいです。「ウルトラマンをまねたような扮装(ふんそう)で歌い踊る。」「怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれた」
これはひょっとしたらロッキンオン記者の頭の悪さを超える内容かもしれない。
なんでそこまで炎上してるのかわからんな。いまだけごろ急に変な神格化するより、なんか本質捉えてる気がしないでもない/
バカじゃねえの、経済のことしか知らない経済バカがなに知ったかぶりして書いてんだよ
David Bowieコラムで本質を突けないビジネス頭の日経
炎上案件はいつもあなたのそばに /
元の記事は存在し続けて
どうなの?コレ?
と、取り上げた記事が削除されたって 何それ?
お願いだから英訳だけはしないでね。⇨
なんだこの珍説は?

「怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない」

誰 の 話 を し て る の か ?

☟オイラは、おこです!😠
これが社説なの…驚愕…社説ってその会社背負って出してるコメントってことだよね?気持ち悪っ /   :日本経…”
日経のバカが火星にまで喧嘩売ってきたんだが、人類はそんなに滅亡したいのか?
はぁ、ホントに酷い追悼記事だ…。何なんだ、この不愉快極まりない上から目線とデリカシーのない書きぶりは。 / “人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったこ…”
「火星から来た宇宙人」を名乗り、ウルトラマンをまねたような扮装(ふんそう)で歌い踊るって誰?
教養が無い人に書かせてるんだねえ。日本経済新聞の春秋って。
「日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない」日本って随分と偉いんだね# >日本経済新聞・社説による デビッド・ボウイ
社説 デヴィッド・ボウイ
日本のサブカルチャーの大使的役割だなんて、ふざけんな。バカ日経。どこまで、日本ってすごいなんだよ。笑。
?何??意味わからん。
記事の劣化が凄いですね。→
デビッド・ボウイの昔のパフォーマンスを、「ウルトラマンを真似た扮装」「子どもだまし」だと?これ書いた人、ライブ見たことあるのか?曲を聴いたことあるのか?
→→
子供だましとは失礼すぎる(怒)
うわさのやつ。
@swp_mamo『すべての若き野郎ども』についての記述あり
これか。
全体的にひどいな
絶句&唖然
紛らわしい時系列でツイしてしまいましたがさっきの日経うんぬんはリックマン氏とも梶尾先生とも無関係です。この記事↓が物議を醸してるのでリベンジしたいのかな、ということ。
追悼してるのはわかる。わかるけどかなりトンチキなボウイ評(´-`).。oO(
人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったことだ」と振り返ったことがある。
デヴィッド・ボウイに関する社説。これはヒドい。でも、もしボウイが生きててこの記事読んだら、ウルトラマンのコスプレとかしてくれそう。
「火星から来た宇宙人を名乗り、ウルトラマンをまねたような扮装(ふんそう)で歌い踊る。子供だましと言えばそれまでだが、怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない」って?
日経はもっとうまい言い方あったろうに
弘兼憲史的な説教臭いオヤジ臭漂う最低記事だ。 「火星から来た宇宙人を名乗り、ウルトラマンをまねたような扮装で歌い踊る。子供だましと言えばそれまでだが、怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割」←馬鹿か。
人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「・・
日本経済新聞
批判されていたので読んでみた。うーむ八方からボロカス言われるだけはある見事なクソ文章。なかなか書こうと思って書けるもんじゃないぞ(´・ω・`)
はいはい、おじいちゃん無理してよく知らない事書いてないで横になってましょうね。いつものお薬出しときますねー。
(デビッド・ボウイ)怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない。| 日本経済新聞
Bootsy Collins さんの立場がない(笑)
外し方が日経クオリティ。しかし、レベルの低い社説だこと。
ここまでくると「日本スゴイ」を通り越して歴史修正主義の域に達しているよな。これほど故人を侮辱する文章もないが、日本および日本のメディアが衰退していることを実感させられる。 / “人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッ…”
…日経の日刊ゲンダイ化が始まっているとしか
「火星から来た宇宙人」を名乗り、ウルトラマンをまねたような扮装で歌い踊る。子供だましと言えばそれまでだが、怪獣特撮ものやコスプレなどの日本のサブカルチャーを世界に広める大使的役割を担ってくれたことは忘れてはならない。
春秋が言いたいのは「企業は変化し続けることで生き残れる」ということですね。
金と経済という自分の価値観にしか興味を持たない人がロックについて書くとこうなる。
人生で最も後悔したのは何か、と問われ、英歌手デビッド・ボウイは「自作の『すべての若き野郎ども』を他人にあげてしまったことだ」と振り返った...
自分が知る中で史上最低の追悼コメント。長く記憶するだろう。 /
ろくに知らねえくせに記事書くなアホ。
子供騙しにもならない記事 ☞
多分この原稿書くまで1曲も聴いたことないんだと思う。
デビッド・ボウイを知らない野暮天なのは仕方ないだろうが、知らないものを偉そうに書くことがどんなに恥ずかしいかを知らないのが新聞なんだな。こんなの即死ものでしょ
こういうコラムは「いろいろ経験してきた私がちょっと気の利いた事を書いておくから、よく読んで噛みしめるように」とでも思って書かれているのだろう。典型的な老害。こんな風に歳を取らないように気をつけよう。
なんもわかってないなら記事書くなよ!!怒りしかわいてこないわ!!  #デビッド・ボウイ Suck!! nikkei
↓こんなヒドイの初めて読んだ。
これもなあ…。知らんのに書かなきゃならんのなら、ちゃんと調べて書け。調べた上で、自分が阿呆なことを書いてないか吟味してから出せ。共同通信も日経も程度の低い記者が増えたなあ。
朝から話題になってる日経のクソ記事これか。
愛ゆえなのか、何となく嫌な感じの文章。
何言ってんだこの日経。
ジギー・スターダストの元ネタはウルトラマンだったのか!
ボウイをリスペクトした記事ととらえましたがね
何かと話題のこの記事、初めてまともに読んだけど一番インパクト()があったのは最後の一文だった
どうもオレの知っているのとは別のデヴィッド・ボウイという人物がいたらしい(笑)
目先の金、それも自分に関係ある事しか興味ないビジネスマン目線文章。でかい商機を逸する目線でもある。
めんどくさいひとだ。。
だから何が言いたいのって感じ。
えーあたしゃぁがっつり騙されて幸せでした!
デビッド・ボウイに触れた日本経済新聞の社説・春秋   

なんど読んでも酷い。  言葉にならないくらい頭にきた。
もっと見る (残り約87件)

記事本文: 春秋  :日本経済新聞

関連記事

いま話題の記事