TOP > 社会 > 「クラスター」といえば、昨今だれもがコロナ禍を思い浮かべるに違いない。専門家が感染者集団のことをしきりにクラスターと呼ぶ  :日本経済新聞

「クラスター」といえば、昨今だれもがコロナ禍を思い浮かべるに違いない。専門家が感染者集団のことをしきりにクラスターと呼ぶ  :日本経済新聞

17コメント 2020-04-19 05:48  日本経済新聞

「クラスター」といえば、昨今だれもがコロナ禍を思い浮かべるに違いない。専門家が感染者集団のことをしきりにクラスターと呼ぶから、すっかり耳になじんだ。しかしもともとは果実の房や、花の束のことだという。

ツイッターのコメント(17)

一般人でも、芸能人でも、アイドルでも、法律に詳しく無くても、政治に詳しく無くても、おかしいと思う事はおかしく無いと思います。
いくつかの法案をまとめて議会に出す「束ね法案」は要注意。4/19の春秋から

春秋:
現政権は何でも束ねるのは確か。
今のSNSでの抗議に至る前から審議にあがったこと、問題視されてはいたんだよな。当たり前だけどツイートの文章だけで判断しないで、情報の元となる記事を自分の目を通して判断しないと。振り回される。
春秋

国家公務員定年引上げ法案は、検察庁法改正案も束ねられている。

改正案は「特別の事情」があるときは検察幹部の続投OKというもの。

黒川東京高検検事長の定年を半年延ばした一件と重なって見える。

コロナに紛れて、疑惑のクラスターがあちこちに放置されている。
まさに,検察庁法改正は「黒川人事」の制度化。
おや、どこかで聞いたような……。そう、黒川弘務・東京高検検事長の定年を半年延ばした一件と重なって見えるのだ。あのケースの明文化ではないか。:
【春秋】
疑惑のクラスターがあちこちに放置されている。
こちらもシェアしておきます。
俺だったら口汚い経済オタクを思い浮かべるけど。/ “「クラスター」といえば、昨今だれもがコロナ禍を思い浮かべるに違いない。専門家が感染者集団のことをしきりにクラスターと呼ぶから、すっかり耳になじんだ。しかしもともとは果実の房や、花の束のことだという。”
@RyuichiYoneyama 今日の日経
・「束ね法案」なるものも、一種のクラスター
・疑惑のクラスターがあちこちに放置
安倍の横暴を許すな!
蓮舫さん、筋の悪いところに突っ込まず、こういうのを地道に調べて質問したら?
「疑惑のクラスターがあちこちに放置」

棚上げ、先送り、強行。
コロナが大儀になるから気をつけないと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR