TOP > 社会 > 日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によ  :日本経済新聞

日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によ  :日本経済新聞

21コメント 登録日時:2019-04-25 06:57 | 日本経済新聞キャッシュ

日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によるもので、歩行中や自転車走行中の死者は全体の2~3割ほど。それが日本では約5割...

Twitterのコメント(21)

「日本の交通事故の特徴は、『車が人や自転車をはねる』である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によるもので、歩行中や自転車走行中の死者は全体の2~3割ほど。それが日本では約5割にのぼる」 →
この頃横断歩道を渡ろうとしていると止まってくれる車が増えた。
横断歩道が数十メートル先にあるのに横断歩道ではないところを渡る奴は相変わらず多い。
日本経済新聞は一般に自動車産業の応援団のような印象があるが、弱者の目線で良い事を言うこともあるぞ!
日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によ: :🤔平成ハ戰爭死者無ヒ分22萬交通死者數カ.令和AGEハCASE進展デ🇯🇵自動車産業雇用問題&空家増ノ地方交通手段問題兩解決方法ハ何❓
なかなか面白い記事。


「日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。」
「日経」4月25日春秋  痛ましい池袋の交通事故の話題。私も数年前、23区内で高齢男性の運転する車が、赤信号で止まらず通過するのを見て、肝を冷やしたことがある。センサーで、赤信号で止まる車が作れないものか。解決策を考えたい。
日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によ、歩行中や自転車走行中の死者は全体の2~3割ほど。
日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」…欧米では死者の多くが車同士の事故によるもので、歩行中や自転車走行中の死者は全体の2~3割ほど。それが日本では約5割にのぼる:日経春秋 ◉自動ブレーキ等に期待も、考え方の根本を変えねばならない!…典型は「歩道橋」
日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によるもので、歩行中や自転車走行中の死者は全体の2~3割ほど。それが日本では約5割にのぼる
日本経済新聞春秋要約
2019/4/25

「弱者に厳しい交通環境」

日本の交通環境は弱者に厳しいが、令和の時代には高度成長期の残滓を持ち越したくない。
ほーん
良い社説
(続き)
「車が人や自転車をはねる」という状況は決して、万国共通ではなく、わが国の交通事故の特徴といえるようです。

詳細は、リンク先の さんの記事をご覧ください。


さん
日本経済新聞:春秋 日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車…
車と人や自転車による事故の割合がこんなに多いとは…😨
今日の日経春秋『日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。…欧米では死者の多くが車同士の事故によるもので、歩行中や自転車走行中の死者は全体の2~3割ほど。それが日本では約5割にのぼる。弱者に厳しい交通環境といっていい。』歩行者優先が不徹底。
交通事故24時間後までの志望者数の平成30年間における合計は地方の中各都市1つ分22万人以上。。春秋:
ちょっと違うような…。信号のない横断歩道で車が停止しないのが、問題じゃなくて、青信号で横断歩道歩渡ってるのに突っ込んでくるのが問題だと思います。
日本の交通事故事情…

車に乗っていて不思議な光景を目の当たりにする。

路駐の車が何故か反対車線で平気で停めてる。
タクシーでさえ、車線変更でウィンカーを点けない。

道交法は変わったのか?
これでは、
事故はなくならない…

2019.04.25
春秋:日本経済新聞/池袋暴走事故に関連して日本の交通事故,海外の交通事故の特徴に言及してる.興味深い…
“平成の30年間では22万人を上回る。地方の中核市が丸々1つ消えてなくなった計算だ。お年寄りが渡っていると、途中で信号が赤になってしまう。そんな横断歩道にも、高度成長期の残滓(ざんし)を見る。令和の時代には持ち越したくない。”
日本の交通環境は、歩行者などの弱者に厳しい。歩道橋や間隔の短い信号などが高度経済成長期の名残であるなら、令和の時代には持ち越したくないものである。
以上

記事本文: 日本の交通事故の特徴は、「車が人や自転車をはねる」である。当たり前のように思えるが、欧米では死者の多くが車同士の事故によ  :日本経済新聞

関連記事