TOP > 社会 > 消費増税まで1年(上) 消費税中心の税体系めざせ (写真=共同) :日本経済新聞

消費増税まで1年(上) 消費税中心の税体系めざせ (写真=共同) :日本経済新聞

2019年10月1日に消費税率を現行の8%から10%へ引き上げることが予定されている。この増税はこれまで2度(15年10月と17年4月)にわたり延期された。背景には、14年4月に消費税率を3%引き上げた際に、消費の駆け込み需要と反動減で景気が著しく落ち込んだことがある。...

ツイッターのコメント(10)

税込み(内税)の義務化に賛成。税率が上がった時に一斉に値上げせねばならないと皆が思い込んでいるのがおかしい。
>外税方式では価格変更が税率引き上げのタイミングに引きずられがちなのに対し、総額表示なら消費者への転嫁の時期を課税事業者が柔軟に選択しやすくなる。
「背景には、14年4月に消費税率を3%引き上げた際に、消費の駆け込み需要と反動減で景気が著しく落ち込んだことがある。」
だから中止というのが妥当な論説。

消費増税まで1年
消費増税まで1年
消費増税まで1年(上) 消費税中心の税体系めざせ: 日本経済新聞
消費税が「経済動向や人口構成の変化に左右されにくい」って、要するに「景気に関係なく個人から徴税しやすい」ってことだ。
しかも低所得者に厳しいし。
結局、官僚が楽したいだけだろ、いい加減にしろ。
消費税が安価は本当か?と最近疑問だけど、消費税増税反対の人たちがまず答えるべきはここだよね→"仮に消費税でなければ、社会保険料を引き上げる必要がある。だが社会保険料は勤労世帯に負担が集中するなど、消費税と違い世代間で広く負担を分かち合う仕組みになっていない"
この消費税中心の税体系はおかしいでしょう。税の原則は、生計費非課税、応能負担でしょう。消費税は、最大の不公平税制です。
消費増税まで1年(上) 消費税中心の税体系めざせ|019年10月1日に消費税率を現行の8%から10%へ引き上げることが予定されている。この増税はこれまで2度(15年10月と17年4月)にわたり延期された…
財務省の犬として、お手本のような記事。

・消費増税が確定であるような見出し

・消費税を10%を超えて上げていきたいかのような口ぶり

・消費税を増税しても景気に影響がないという嘘

単なる記者の願望ですね。

消費増税まで1年消費税中心の税体系めざせ: 日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

PR