創業者マネー新興企業へ: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(10)

投資家がフィランソロピーですか。そう言わしめることなく成長できる企業群があるに越したことはないのですが。 /  任天堂一族は500億円運用 (日本経済新聞)
非常に正しい富裕層のお金の使い方だと感じています。
僕もこの先こういうアクションのお手伝いがしたいです。
任天堂一族は500億円運用:日本経済新聞
事業成功した富裕層が行き着くのがスタートアップ投資。しかし同投資に占める個人投資家の割合は米国15%に対して日本1.5%。もっとエンジェルを増やさないと。。

創業者マネー新興企業へ: 日本経済新聞
ファミリーオフィスが一番すごいよね。ジョンソンとかはロゴにもそれを明記しているし。ファミリー規定とかのコントロールのほうが海外では需要が高いしね。

創業者マネー新興企業へ: 日本経済新聞
「資産家一族の資産管理や運用を担うファミリーオフィスがスタートアップ企業の投資に力を入れている」
こいつもわかりやすい富の再分配。任天堂の創業家からするとたまったもんじゃないのかと思いつつ〜、そういう人違うアングルの思考してる気もするし、結局お金持ちにならんとお金持ちの思考は分からん理論へ(大体そう)
任天堂一族は500億円運用:金融経済面から
自ら事業で莫大な資産を形成したのであれば、それを同様に資金を循環させて新事業を支援していくことは一つのあるべき金融の姿。目利き力もあるはずなので、その資金が社会発展につながる蓋然性も高い。
任天堂一族は500億円運用

資産家一族の資産管理や運用を担うファミリーオフィスがスタートアップ企業の投資に力を入れている。
以上
 
PR
PR