日本食、香港経由で中国へ: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(5)

日本食、香港経由で中国へ

“香港国家安全維持法(国安法)の社会への影響が広がる一方、香港や本土での「日本食」に対する需要は高まる。貿易面の優位性もあり、企業が巨大市場への玄関口として香港を選んでいる。”
日本食、香港経由で中国へ
「日本の外食・小売が香港を経由中国進出相次いでいる。香港で12店舗スシローも広州進出、3年程度で中国本土の店舗数40以上増やす。コロナで日本に行けない人の需要を捉え事業拡張加速、巨大市場中国の玄関口として香港活用」・・経済戦略として有効
おにぎりがこの値段で売れるのか。
勝機ありですね。
→「紅ズワイガニとウニソース」や「きんぴらレンコン」などの新商品をそろえる。新商品の価格は1個30~35香港ドル(約440~510円)。中国本土は農産物の輸入規制が厳しく、香港の工場で製造して本土に運ぶ計画
日本食、香港経由で中国へ:日本経済新聞
飲食の場合胃袋の数が重要。
大きく発展を目指す場合は、海外への進出は不可欠。
日本の食は唯一無二。世界で大きく活躍してほしい。

日本食、香港経由で中国へ:日本経済新聞
以上
 
PR
PR