「飲み会」支出2.5倍 消費回復じわり: 日本経済新聞

個人消費に回復の兆しが出てきた。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた百貨店や外食で売上高が回復している。緊急事態宣言の解除から約2カ月がたち、懸念されたコロナ感染再拡大が見られず、消費者心理が改善しつつ...

ツイッターのコメント(13)

8月比の11月第2週 百貨店、11月前半7%増収
コンビニよりスナックが多いのは、結局飲むのが好きってこと。対面の営業は激減しても、これは無くならないかな。昨日久しぶりに飲みに行ったらやっぱり楽しかったし。
なんというか、コロナのようなパンデミックを経験しても、新たな形に変換するのではなく、元に戻る、という道を辿るのだろうか。ミクロで見れば変化はあるんだろうけれども。
徐々に消費も拡大していますね。
「コロナだから」でやらない理由作りをしてた営業マンとできることを探して動き続けてきた営業マンの差も顕著に出てくる頃ですね。
さて観光飲食流通ら関連株価は動くかな?恐らくさほど変化なしと見る。
マーケットは決算とは異なり先を読むから結果への反応は薄いと思う。外食流通は肌感覚であまり繁盛している感はない。観光は除いて。
飲み会のない生活に慣れたため、仲の良い人とは別として、付き合い飲み会は全力で拒否したい。
お酒への欲求減に加え、お金と時間の無駄さに辟易したためです。
そんな考えのため暫くの間、飲食店は投資先から除外です。
じわり
『 消費回復じわり』
個人消費に回復の兆しが出てきた。コロナで打撃を受けた百貨店や外食で売上高が回復している。飲み会も4人→8人までOKになるみたいやし出張も増えてきたし良い傾向だ。あとは海外いって帰ってきた待機期間撤回か。
消費者のお金の使い道の昨年対比が、
飲食、アパレルと戻っているとのこと。

一方で家電などは昨対減の傾向に。

行動と消費傾向は相関関係がある。
市場機会の発見は、
ターゲット層の行動の変化から。

市場機会
8月比の11月第2週 百貨店、11月前半7%増収 :総合2面から
以上
 
PR
PR