メタバース、次の主戦場に: 日本経済新聞

仮想空間「メタバース」の開発競争が熱を帯びてきた。100兆円規模に膨らむと期待される新市場には、米エヌビディアや米マイクロソフトが本腰を入れて参戦し、インターネットや人工知能(AI)を制した巨大テック...

ツイッターのコメント(32)

20211126_日経_メタバース、次の主戦場に

「次の主戦場に」となるのか、「次の主戦場に?」で終わるのか注目。

マストドンとかクラブハウスとか話題なったけどその後聞かなくなったSNSもたくさんあるんで。
もう迷いはないはずですね、

メタバース、次の主戦場に: 日本経済新聞
メタバース市場が拡大。アバターが行き交う仮想空間の土地が1億円で取引されたり建築家やデザイナーといった職業も登場
現実世界の仕事もすべてデジタル化されてアバターが代行実施するような世界になり、人間は優れたアバターの育成に専念する、みたいになる日がいつか来る?
NFTの次は、メタバース上の土地取引ですか。馬鹿げてるけど、局所バブルは発生しそう。メタバース上のディズニーランドの所有権(運営権)なら欲しいけどね。
昔、セカンドライフもこんな感じでもてはやされたみたいだけど、期待だけだったな。

仮想空間に入り浸ると運動不足で健康寿命が縮むぞ。
メタバースの話題尽きないですね。😀
ユビキタス!?ユビキタスじゃないか!
アメーバピグ、あのまま続いていれば、この波に乗れただろうに。
企業が続々参戦でメタバースバブル⁈Facebookの社名変更もしかり 世界の名だたる企業がこぞってメタバース事業へ参戦!先日はThe Sandbox(メタバース空間で遊ぶゲーム)内の土地をアディダスが購入して価格が高騰…今後が楽しみです😊
セカンドライフって久しぶりに聞いたな…
空間へのアクセスコストが高いのがどうにかなれば一気に広がるかも?
 
PR
PR