高速鉄道 中国案のツケ: 日本経済新聞

中国が主導してインドネシアで建設が進む高速鉄道の計画をめぐり、ジョコ大統領は6日、国費の投入を可能にする改正大統領令を公布した。当初の両政府の合意では、インドネシア政府に財政負担を一切伴わない触れ込み...

ツイッターのコメント(28)

あらまあ、まあ日本案も同じだったろうな


インドネシア、費用膨張で税金投入検討 総工費が日本案の4割高に
【真相深層】 中国案のツケ:日本経済新聞

まさしくチャイナリスク
日本でも大型事業、特に公共事業はどんどん割高にして税金を搾取する土建屋ばっかりだよ、この業界はモラルないもんね。
>インドネシア、費用膨張で税金投入検討
>開業は22年末までずれこむ見通しだ。完工は日本案で想定した21年よりも遅れるうえ、総工費も4割以上高い水準に膨らんだ。触れ込みに反してインドネシア政府が国費を投入する方向となり、中国案のメリットは薄らいでいる

日本に発注していれば...
地元の人は日本案を望んでいたのに、
政府は尼日関係よりも尼中関係を強化したいという理由で中国に発注した
ってやつだっけ。
インドネシア、費用膨張で税金投入検討 総工費が日本案の4割高に
巧みな中国のせんりやくっ!
日本がやってたって総工費は上がってただろうね。
日本国内で予算内で収まった巨大プロジェクトってあるのかな?
中共の場合は自分達の国の労働者や資材しか使わないから必然的に金額が膨れ上がってくるのは分かってた事でしょ。土地の徴収もまともにいってないみたいだし逆に日本が受けなくて良かったんじゃない?

関連するニュース

 
PR
PR