TOP > 政治・経済 > 米現金給付、日本にも誤配: 日本経済新聞

米現金給付、日本にも誤配: 日本経済新聞

15コメント 2021-05-17 03:18  日本経済新聞

【ワシントン=大越匡洋】米国のバイデン政権と議会が3月に実現した1.9兆ドル(約200兆円)の経済対策の柱である現金給付を巡り国境を越えた誤配が起きている。かつて米国に暮らしたことのある日本人ら本来は...

ツイッターのコメント(15)

「政策実行のスピードを重視した副作用が生じている。」
>スピードと正確性は両立し得ない。トレードオフという言葉は経済紙ならよく分かっているのでは。
米国の給付金が日本にも届いている様です。
噂は在米経験のある友人から1週間ほど前に聞いていましたが本当だったのですね...
今回日本人に届いたアメリカ財務省からのコロナ給付金は誤配送だったみたいだけど、アメリカはもう自国民に3回も給付金を配ってる。
ワクチン希望者には殆ど2回接種を終えている。
バイデン政権になってこんなにも変わった。
日本はいつ政権変わるんだ、総選挙はいつだ☹️
こんなこと、もし日本でやってしまったら大バッシングなんだろうな。

正確さよりもスピードを重視する米国。
正確さを重視して動けない日本。
《政策実行のスピードを重視した副作用が生じている。》←これを副作用と言っていいのか。施策の主眼で最も重要視すべきことことを優先した結果でしかなく、そこらへんが日本メディアのせせこましいところでは。
:文字通りの大盤振る舞いだな…。
米現金給付、日本にも誤配
対象は「米国市民または米国に居住する外国人」で、歳入庁は「2021年に米国外に住む外国人に受給資格はない」と明言する。ところが「昔住んでいただけなのに米政府から小切手が届いた」といった日本人の声もインターネット上で聞かれる
謎の小切手郵送ホンモノだったとは
そういうことか

でも「みずほ銀行は小切手の換金について受給資格者のみ扱うと説明」というのもおかしな話。日本の民間銀行が受給資格を審査するの? 由緒正しい米財務省発行の小切手を換金しないの?
スピードを優先してるから、そんなに責めることでもないような
誤配ですって(〃ω〃)
「さすが米国は優しい、むかし住んでいただけなのに給付金くれた」という報道が相次いでいましたが。受領した小切手は換金してもらえないそうです。
これは副作用というのか??

〉本来は支給対象ではない米国外に住む外国人にも米政府から小切手が届いた。政策実行のスピードを重視した副作用が生じている

米現金給付、日本にも誤配 : 日本経済新聞
感動してた人もいるけど、あくまでもミスだったと
あ、昔在米だった邦人へアメリカからの現金給付はミスだったのねwww
かつて米国に暮らしたことのある日本人ら本来は支給対象ではない米国外に住む外国人にも米政府から小切手が届いた。政策実行のスピードを重視した副作用が生じている。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR