TOP > 社会 > 現代人は「引き算」が苦手: 日本経済新聞

現代人は「引き算」が苦手: 日本経済新聞

37コメント 2021-05-09 05:17  日本経済新聞

働きすぎや非効率な仕事、環境破壊といえば、いずれも現代社会が直面する深刻な問題だ。新たな選択ができるはずの人間がなぜ、これほどまでに解決にてこずるのか。その原因を「人間は引き算の決断が苦手で、足し算に...

ツイッターのコメント(37)

行動経済学の新たな法則!?
確かに削除したり捨てるのは嫌いです。
ひっかかる。
引かれるのは大量の量の末に引かれるのに
また残業ゼロはプラマイゼロ
そもそもゼロ
プラスの積み重ねの上に削がれるもの
プラスよりゼロを!と言いたいのだろうか、なら同感。
これは確かに、そう思う。意識して、無駄なものを捨てる癖つけよ。
不祥事とかミスあるとついつい追加の対策考えてしまうけど、案外答えは引き算の先にあるんかもしれんという気付き。

引き算ができないのは論点を正確に掴めてないからってのも妙に納得…
作業効率化のためにシステム導入しよう!となり、構築にも運用にも手間がかかってる職場のことを思い出した…😭
もっと物事をシンプルに考えればいいのにってよく思うけど、立場が変わると見えなくなってしまうのかな…🤔
中小企業のコロナ禍の影響を分析すると、量より質の拡充を志向する「引き算」企業の方が影響が小さかった
難しいですけど、とても大事な考え方ですよね。

これができる社長さん何人かに今までお会いしていますが、やっぱり「すごい!」って思います。
<人間が引き算に気づきにくいとしたら、対策は自覚しかないだろう。「政府や議会が部門を削らず追加ばかりしたらコストが膨らむ」(米チーム)。

大変良記事。教育政策決定権者の方々こそお読みいただきたい。



#教師のバトン
> コストをかけずに解決できる方法があるにもかかわらず、それが「引き算」だと見落としてしまいがちな点だ。

意識しないうちにこの考えになってしまってる可能性がある。気をつけないと。
引き算ができる人になりたい
課題解決の際に、足し全ではなく引き算で解決することを意識すべしという記事でした。
たしかに、やること増やす意思決定、やっちゃいがちだよね。
せめて、始める前に、それが本当にバリューになるかは検討する癖をつけよう。
・引き算の方が葛藤を生む
・足し算よりも引き算の方がその対象が定まっていない

“引き算とは人生の優先度付の選び直しである”の一節を思い出す。

引き算が大事なのは、時間だけじゃないんだなぁ。
こういう頭の柔らかさ欲しいわぁ
現代人の定義が読み取れないけど、昔の上司が「チェックリストのためのチェックリスト作れ」って言い出して現場が崩壊したの思い出した。
何かあると「再発防止策」。ひたすら積み重なっていく。 → 現代人は「引き算」が苦手:
選ぶ勇気、止める勇気。だが、ツイートは増えるばかり。。。

ーーー
「獲得場面(足し算)では対象がある程度特定されるが、処分場面(引き算)ではその対象が定まっていない場合が多い」
面白い!

「何を処分するかの判断には、相当な認知資源(エネルギー)が必要になることなどが考えられる」(池内教授)

  労働や環境問題、解けぬ一因 :日本経済新聞
適切に捨てれる人間になりたい
大学の仕事もどんどん引き算しよう。
引き算の意見ではっとさせられることが多い
モノを溜め込むより捨てる方がエネルギー使うのか。確かにそうかも👉
断捨離は引き算の訓練
何故これほどまでに課題の解決にてこずるのか。その原因は「人間は引き算の決断が苦手で、足し算にこだわるから」
「研究チームが気にかけるのは、コストをかけずに解決できる方法があるにもかかわらず、それが「引き算」だと見落としてしまいがちな点だ。選択肢が狭まれば、過重労働や地球環境の問題は解決できないと研究チームは憂う」
労働や環境問題、解けぬ一因:朝刊サイエンス面から
『新たな選択ができるはずの人間がなぜ、これほどまでに解決にてこずるのか。その原因を「人間は引き算の決断が苦手で、足し算にこだわるから」とする説』
断捨離が重要。けっこう多くのことは「引き算」で解決する。
働きすぎや非効率な仕事、環境破壊といえば、いずれも現代社会が直面する深刻な問題だ。~ その原因を「人間は引き算の決断が苦手で、足し算にこだわるから」とする説を米バージニア大学のチームが英科学誌ネイチャーに発表- 記事引用

得意です!
まあ全て無にしちゃうけど🤣
例えば4本脚のベッド。3本足りなくてグラついてるとき、本当はもう1本もとってしまう方が楽なのに、ほとんどの人が3本足そうと考えてしまう…。「引き算」の発想が苦手ということを意識的に知っておくと、企画の検討などに使えそう。
食事管理にも置き換える事ができる言葉ですね

体に良い食べ物を摂取する事も大切ですが、
余計なものは摂取しない
事も大切だと思います
労働や環境問題、解けぬ一因 :日本経済新聞
いま、ベッドの4本ある脚のうち、3本が外れてしまった。ベッドが傾き、寝心地が悪い。さて、どうするか。3本の脚を付け直そうと思ったあなたは、何かを見落としている。「残った1本の脚も外す」という選択肢だ。

一本目で直せ。
興味深い記事。「人間は「引く」より「追加」で物事を解決する傾向がある」「人間が引き算に気づきにくいとしたら、対策は自覚しかない」「引き算は過去の労力が無駄になる負い目もある」。勇気をもって引き算にのぞみたい。
「研究チームが気にかけるのは、コストをかけずに解決できる方法があるにもかかわらず、それが『引き算』だと見落としてしまいがちな点だ。選択肢が狭まれば、過重労働や地球環境の問題は解決できないと研究チームは憂う」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR