TOP > 国際 > 中国小型EV 日本上陸: 日本経済新聞

中国小型EV 日本上陸: 日本経済新聞

20コメント 2021-04-14 04:45  日本経済新聞

中国の自動車・部品メーカー、広西汽車集団が小型商用の電気自動車(EV)を日本企業に供給する。SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして7200台採用することを決めた。EVの普及で...

ツイッターのコメント(20)

「EVの普及で先行する中国製のEVが日本に本格上陸する事例となる」
佐川急便が中国の小型EV使う件

ウチの回りでは既に日本郵便がEVの小型車🚗(多分 三菱車)使ってるし、バイク🛵も電動バイク使ってるけど
結局商品力があれば広まっていく。
テスラは先進性、中国EVは安さ、では日本勢はどうする?
佐川、配送用に7200台採用: 日本経済新聞
配送用トラックがEVに
中国が来た!
日本のスタートアップ頑張れ…!
お試し価格が終わったら、引いてちがうところに行くことに慣れている印象
車の信頼性は大丈夫なのかな?
佐川、配送用に7200台採用:朝刊1面から
販売戦略でも中国リードか…
これは衝撃的、家電と同じ事が自動車で起きる。
目先の利益優先で出来ない、と言ってしまったらお仕舞い。市場は最初に取ったものが圧倒的に有利。
中国の自動車・部品メーカー、広西汽車集団が小型商用の電気自動車(EV)を日本企業に供給する。SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして7200台採用することを決めた。
思ってたより攻めに来るの早いな。
こちらもスピード感を高めて対応していかないとまずいなぁ。
: 日本経済新聞
佐川の導入に対して世間の評価如何に
まさかこんなに早く上陸してしまうとは😩
でもこの車、最近中国でテスラを抜いてEV販売台数トップになった「宏光ミニEV」では無さそうやな👀あれは販売価格4500〜5000ドルやもんな😅
この車の価格も大概安いけど😓
日本車の未来は…😩
memo
佐川急便、 を配送トラック用に7,200台導入。航続距離は200km。2022年9月納入見込み。

中国小型EV 日本上陸:日本経済新聞
中国の自動車・部品メーカー、広西汽車集団が小型商用の電気自動車(EV)を日本企業に供給
ちうごく…
広西汽車集団 日本上陸

SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして7200台採用
EVの普及で先行する中国製のEVが日本に本格上陸する事例となる
SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして7200台採用することを決めた。EVの普及で先行する中国製のEVが日本に本格上陸する事例となる。

佐川車両保有台数26661台、7200台採用となると27%増。428営業所に等分して、営業所あたり17〜18台。多くない?
以上
 
本文を読む:中国小型EV 日本上陸: 日本経済新聞

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR