地方に大企業「副業人材」 自治体の橋渡し活発化: 日本経済新聞

大都市で働くビジネスパーソンを「副業人材」として地方企業に橋渡しする自治体の取り組みが活発化している。副業を認める企業の増加や、テレワークの普及で大都市と地方の距離感が薄れたことが追い風となっている。...

ツイッターのコメント(11)

ワーケーションの「同じ仕事を地方で」は斬新でしたが、逆の発想で「居住地は同じで別の仕事」面白いですね。

ただ私の場合、別の会社で即戦力になるスキル…😂Excelは何度勉強しても…😇
副業する余裕ってどういう人が持ってるんだろ
松山市はパソナJOB HUB(東京・千代田)に1300万円で事業委託。同社がオンラインや現地訪問を通じて市内の経営者と大都市の副業希望者との意見交換会などを開く

中小企業淘汰や外国人実習生など賃金を下げる改革では、必ずと言っていいほど首相の元上司の会社が活躍している
「下放」

 自治体の橋渡し活発化: 日本経済新聞
大都市の人材のビジネススキルを活用することで、地方企業の経営革新などの効果が期待されています。

助成金が四月から変更となります。一度確認しておきましょう。
自治体の橋渡し活発化 経営革新やDX期待:地域総合面から
「副業人材が地方での人的なネットワークを広げれば、それが結果的に関係人口を増やすことになる」
大都市で働く人材がすべて解決することはないと思うけど、新しい風にはなるのかな。大企業人材の地方移住で、普段はテレワークで働き、副業で住んでいる地方の仕事もする、という事もあっていいと思う→
副業で地元や好きな地域に貢献できたらって思う人は多そう。

都心から離れた地域でのテレワーク導入支援もしてるのですが、自治体で副業人材の橋渡しをする制度があるか確認してみよう🧐

 自治体の橋渡し活発化 : 日本経済新聞
地方の企業へ副業人材として働く人が増えている。
地域の活性化と都市部に固まりがちな人材を流動的に利用する事が出来る。
副業について考えているため凄く刺さる記事であった。
本業も副業も自分・会社両方のためになる仕事をしていきたい。
以上
 
PR
PR