イタリアにポピュリズム政権 親ロシア、西側結束に影: 日本経済新聞

28コメント 2022-09-27 03:02|日本経済新聞

【ローマ=細川倫太郎】25日投開票のイタリアの上下院の総選挙で、野党の極右「イタリアの同胞(FDI、総合2面きょうのこと...

ツイッターのコメント(28)

FDIは反移民を掲げる排外主義的な極右政党。主要7カ国(G7)で極右政党が第1党になるのは第2次世界大戦後で初めてとみられる。
移民政策に疑問を投げかけると「極右」とレッテル貼りするマスコミ。
欧州での移民受入がどのような問題になっているのかわからないわけでもなかろうに。
イタリア議会選挙で極右政党が第一党となり、「ポピュリズム政権」が生まれたって話。ポピュリズムとはよく言い切ったなと思うけども、ただただ民主主義の帰結ですよ。大衆に選ばれての選挙。
気がついたら、第二次大戦前みたな欧州にもどるとか?
👩🏼『イタリア大衆迎合になったね』
『不景気だからね』
👩🏼『コロナがはじまり?』
『そりゃそうでしょ』
思春期高校息子との共通の会話はニュースです。社会や政治への興味に株式の影響はあったと思います
暫く、欧州の債務危機リスクもあり株安続きそうやな。まぁ仕込み時が来た感じか。

日本は良くも悪くも、思想が弱い国民ばかりなので、ポピュリズム台頭はないね。

日本のポピュリズム党はれいわくらいか?
イタリアにFDIポピュリズム政権
・FDIは反移民を掲げる排外主義的な極右政党。
・新政権が欧州連合(EU)と距離を置いてロシア寄りの立場を打ち出す懸念あり。
・大衆受けする公約を掲げ、支持を集めた。ばらまきの色彩が濃く、財源確保の見通しはない。
ムッソリーニと比較してる人が多いのだと思いますが、本当に100年前と似たようなことが立て続けに起きてますね。歴史は繰り返す、か。
物価上昇などでに国民不満が高まっている中の選挙では野党が第一党になるのはよくあることなんだそうです。
イタリアの先行きを注視したいです。
イタリアもそうだが、(それぞれの選挙制度の違いもあるが)各国とも世論が内向きになりつつある印象。
右派だとマスコミはポピュリズムと言う傾向があるね
さて、どうなるか
意外といいように思える

欧州では政治の右傾化が加速している。
財政悪化加速の懸念:朝刊1面
ベルルスコーニ氏はロシアのプーチン大統領の盟友として知られる。
引用>メローニ氏自身は選挙戦で対ロ制裁を支持しEUとの協調姿勢をアピールしたが、もともとはEU懐疑派で「ブリュッセルの官僚主導」を批判していた。EUの厳格な財政ルールの見直しも主張し、首相に就任すればEUに厳しい態度でのぞむ可能性がある
ばらまきの色彩が濃く、財源確保の見通しはない。すごいね。最早、藁にもすがる感じというか、誰かなんとかしてくれ!という国民意識の受け皿になったのか。EUの混乱は避けなければ。
まぁいつものパターンとしては「景気よくばら撒きを約束したけど、政権について見ると金なんかなくてグダグダになって有権者にキレられて終了」というやつだが、どうなりますやら。(´・ω・ `)
トピックス🗞

野党の極右「イタリアの同胞」が政権を取りそうですね。
第二次世界大戦以降では初との事で、物価高による国民の不満が票を集めた模様🤔
親ロシア派という事で、ユーロでも一波乱ありそう…
現政権の批判の受け皿として躍進した点は維新と似ている。公約実現できずにしぼむか、財政破綻など気にせずばらまくか、どちらにせよ修羅の道だろう。
政治的な動向、特に欧州の政治動向は非常に重要だと改めて認識。特にEUの合意形成は複雑なので、変数が多い。特に金融政策と財政政策に整合性については以前からの課題で、今回も注目するか必要がある。
根源にはシェンゲン協定から始まる移動の自由と労働力移動に伴う格差拡大、移民受入による内向き回帰があるのかと。この流れはイタリアにとどまらず、他国にも波及するだろうなぁ…特に南欧。次はスペインやポルトガルか。スペインは3年前だからそろそろ改選…
イタリアは今、苦境だから。苦しくなってくると極右政党というかポピュリズムが台頭して、分断されていくのかな/
南欧人生舐め腐った奴の比率高すぎんか?
➡️EU結束が綻ぶことのないように祈るばかり。
少しでも移民に懐疑的であれば「極右」とレッテル貼りするこの条件反射的報道姿勢はどうにかならんのか。移民受入の加速が欧州にどのような悪影響を及ぼしてきたか知らぬ者はないだろう。「欧州の結束が乱れる」との指摘も印象論。そもそも現時点で既に欧州は一枚岩ではない。
極右政党が第1党になるのは第2次世界大戦後で初めてとみられる。
だいぶ嫌だなぁ。
「イタリアの同胞」が第1党に躍進し、ポピュリズム(大衆迎合主義)色の濃い右派政権が誕生する見通しとなった。新政権が欧州連合(EU)と距離を置いてロシア寄りの立場を打ち出す懸念もあり、西側の結束に影を落としている。
極右です。日本も同じような道を歩むのでしょうか。高市早苗氏が総理大臣?

▶︎
以上
 
PR
PR