ソフトバンクG、繰り返す法人税ゼロ 15年で課税4回: 日本経済新聞

55コメント 2022-08-20 05:55|日本経済新聞

ソフトバンクグループ(SBG)に2007年3月期以降の15年間で、法人税が生じたのは4期だったことが日本経済新聞の取材で...

ツイッターのコメント(55)

SBGは利益追求企業なのに、まるで宗教法人のよう。
結局何が問題なのか、私の目から見た限りでは正直よくわかりませんでした。受取配当に課税されないことが問題だと言いたいのだろうか。
所詮朝鮮詐欺企業。統一教会よりよほどの泥棒。まぁどちらも朝鮮由来ですけどね。
日経がこんな無茶苦茶な記事出したことが衝撃的。何か増税に向けた力でも働いているのか?
15年で課税4回

ホント日本って おかしいよね。
個人事業主や中小企業で脱税ではなく
申告に不備のある所を修正申告させず
脱税で起訴して 追徴課税をとる💦
大企業の税逃れから取り締まるべき。
当人が、金儲けのためにはどんな汚い手も使うと言っただけのことはあるな
この会社の赤字はある意味信用できない。税金払ったら負けって価値観なのかなって思う。しかも巨額な法人税
持株会社、投資会社が単年度では納税額がゼロになることはあるだろう。参加の事業会社の納税額を考えないとね。
グループの株持ってるだけの親会社が法人税0だって話?
グループ全体で0ならびっくりだけど、親会社だけの話なら納得
「子会社が法人税払ってるから二重課税だろ」って人がいたけど、別会社だよね?
個人の配当金には税金かかってるのに、法人にはかけないの?😦

まぁ、そもそもその子会社の法人税上げたら?とも思うけど、それはまた別の問題だな。🙁
日経でもこのレベルなんや。
新聞の軽減税率やめなあかんな。
(これはWebやけど)
持株会社で法人税が極めて低かったりゼロになるのは収益構造上仕方なくて、むしろ子会社での納税が多くなりグループ全体では課税が通常より多くなる設計になることが多い。SBGの納税額が少ない理由は別にあって、日経のこの記事は色々ミスリードしてるひどい記事
これは周知でしょ(笑)
このネタが一面トップで、かつ「取材しないと」分からないのは経済紙(記者)として何だかな。
問題提起したいのは分かるし、SBGは注目集めるには良い会社だけど、連結経営と配当二重課税、国際課税の原則などを無視した一面的な記事。これを一面に持ってくるのは経済専門紙として生き残りを目指すであろう日経として寂しい。
「法人税額は計約170億円で、この間のSBG単体の税引き前利益(計約6兆6千億円)の約0.25%だった計算」

合法的な税処理なのでソフトバンクに非はないが、どう考えてもおかしいので税制それ自体を変える必要があろう。そもそも、法人税率の引き下げで国は豊かにならなかった。
SBGは課税回数や税額、税負担が軽い理由などの日本経済新聞の取材に「有価証券報告書に記載のSBG単体の法人税の欄以外に開示しているものはない。(日経の質問には)間違いが散見されるが、これ以上の回答は控える」と答えた。→1面に掲載するほど気に食わないのでしょうね。
「課税が少ない理由は、収益の大半が税法上は非課税となる傘下企業などからの配当だからとみられる。税法では一定条件を満たす国内子会社からの配当金は全額が、海外子会社からの配当金は95%が非課税となる」
「法的に問題点が無い」と言われてもやはりおかしいと思う。道路などのインフラをただで使っているのに等しい。

その分の負担は私たち納税者に。
収益の大半が配当収入(益金不算入)なので、法人税ゼロ。
はホールディングカンパニーあるある。

何に目くじら立てているんだか。
被投資会社側でがっつり課税されてんだからいいじゃん。
🤔一定の企業(例えば上場企業)を対象に、正確な納税額の公表を義務化することから始めれば良いのでは。企業も役所も「開示していないので」とのコメントでは議論が前に進みにくい。自主的に開示している企業もあります。孫さんの考えも聞きたいですね。
そんなことできるのね。いつか、逮捕されそう😅
金儲けしか考えてないイメージ
アメリカは自社株買いへの課税を決めました。さて日本は今後どうするか
税制のことはわからないけど、合法と言われても不公平だとは思う。
現代の錬金術師
うちみたいな小さい会社でも毎年きっちり払ってるのに、なんかずるくね?
配当は原資が税後利益なので課税すると二重課税というのはその通りなんだけど、個人が受け取る配当金に課税されている二重課税の議論は一向に進まないね。
15年で課税4回:日経

連結純利益が日本企業で史上最高の約5兆円となった21年3月期も、単体の法人税はゼロだった。

15年で法人税額は計約170億円で、この間のSBG単体の税引き前利益(計約6兆6千億円)の約0.25%だった計算となる。
税務部門強そう
「法人税ゼロ」の年が繰り返されたのは、税法で非課税となる配当が多いためとみられる。合法な税務処理だが、税負担の軽さについて、現在の税制が妥当なのかなど議論を呼ぶ可能性もある。
パトロンに見捨てられて第2ファンド失速の自転車操業に自己資産投入してるって話だけど、それとこれとは違うよね。
粉飾で成り上がった彼にも信者が居るから不思議。そして連結決算で赤字計上して税金を逃れる。マネロンバンクGだな。
配当金に法人税が課されると二重課税になるし、収益の多くが受取配当金の持株会社が法人税をほとんど納めないのは自然なことだと思うけど、日経新聞は二重課税を推奨しているか、余程素人と受け取った
投資事業で一定周期で大赤字をこいて、繰延欠損金が溜まりに溜まって利益を出しても税控除に…合法だし他企業もやってるので何とも。とはいえ、あれだけ偉そうなこと言っといて納税してないのはイメージ最悪ではある。

 15年で課税4回
「SBGは課税回数や税額、税負担が軽い理由などの日本経済新聞の取材に「有価証券報告書に記載のSBG単体の法人税の欄以外に開示しているものはない。(日経の質問には)間違いが散見されるが、これ以上の回答は控える」と答えた。」

受けるw
儲かった企業から税を取らず、実質的に消費税で庶民が穴埋め。
税の応分負担の原則が崩れている。
この制度では格差が拡大するだけ。
統一教会の宗教ビジネスにしろ朝鮮人がやるビジネスは皆同じ。
やはり日本は全員不幸にならないと気がすまないお国柄のようだ。これが日経トップの記事とはすさまじいね。
またこの手の記事かよ🙍
最後の方の文章が気になっちゃった、、
日経のレベルも知れる記事。

ソフバン大嫌いだけど。
個別企業の納税状況が紙面トップに来るのはどうかなと。
今更ではあると思うし、ルール内の範疇。
やっぱり! やはり、そうだったのか。
面白い流れになっていますね。実際どう出るんだろ。やるのか、やらないのか。

豪商の課税についてはいつの世も、法律と税制は、じつに微妙な塩梅で運用される。不公平と見るか、公平と見るか。
ソフトバンクが法人税負担ゼロが多いからずるいって記事。でもそれ配当収入中心の持株会社単体の話であって連結では納税してるんだし、外形標準課税無視してるし、指摘に無理と偏りがある。少し残念な記事。
こういう記事を1面にするのは素晴らしいですね。
ソフトバンクG、繰り返す法人税ゼロ

”SBGに2007年3月期以降の15年間で、法人税が生じたのは4期だった”

法人税額は計約170億円。
この間のSBG単体の税引き前利益(計約6兆6千億円)の約0.025%。
海外子会社からの配当金は95%が非課税のため。
エラソーなことを言う前に税金ぐらいまともに払えよ、孫。→
とにかく金額が大きいので確かに一部見直しが必要かなとは思いますが、私は別に良いでしょ派ですね。

それよりも、もっと見直した方が良い税制あるでしょという。
持株会社税法が必要か。
一応合法であるから、税制自体が制度疲労を起こしていると言える。
しかし、今の自民党に今年はまともな税制大綱をつくる力はあるの?
ソフトバンク法人税15年で4回しか納めてないと聞き、経営計画書に「慎んで納税する」と謳っているドリサポは、よい会社なのか、賢くないのか、分からなくなる。納税がもっとも端的な社会貢献であるとの自論は変わらないけど。
関係会社の納税状況が書かれないと、SBGはけしからんと言う話にはならない気がする…
そうなんだ!“直近15年でSBG単体に法人税が課されたのは10年3月期、12年3月期、13年3月期、17年3月期だった。法人税額は計約170億円で、この間のSBG単体の税引き前利益(計約6兆6千億円)の約0.25%だった”
以上
 
PR
PR