TOP > 社会 > 営業・接客「脱対面」 家電や車、在宅勤務浸透で 女性・高齢者 働きやすく :日本経済新聞

営業・接客「脱対面」 家電や車、在宅勤務浸透で 女性・高齢者 働きやすく :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染問題で人との接触を避ける動きが広がるなか、対面を前提としてきた販売や営業の遠隔実施に企業が取り組み始めた。ビックカメラなどは商品の説明にビデオ会議を採用する。一部住宅や自動車...

ツイッターのコメント(31)

オンライン化すると、およそコールセンターみたいなところに繋いで話を聞くなど、行動も雇用も大きく変わるだろうな。営業はアウトソーシング化されるんじゃ。

 家電や車、在宅勤務浸透で: 日本経済新聞
アステラスがMRをリモート移行している。働き方が大きく変わる。時間がなかったから。忙しかったから。言い訳はもう無しで!
営業・接客「脱対面」

これが日本企業全体に浸透すれば、より成果主義が重要視されそうですね。
どんな環境下でも成果を出せる人、また成果が出せるように工夫するor考える人が今後の社会で生き残っていけるのかなと思います。
新型コロナウイルスの感染問題で人との接触を避ける動きが広がるなか、対面を前提としてきた販売や営業の遠隔実施に企業が取り組み始めた。
新築の分譲マンションのオンライン見学会を6月から始めたところ約1カ月で200組の参加を集め、20組程度の成約を得たのが住友不動産だ。
だから働けないは言い訳にしかならない。
@KJ8cBAChl988XaX 今日もzoomで関東の方とお話ししましたよ
コロナの影響で他業種も増えてきているようです
よろしければまたご連絡ください☺️
営業・接客「脱対面」: 「脱対面」で世の中が動くコロナ後の世界。face to toのベタベタした人間関係は弊害でしかなくなる。結婚葬儀の義理と見栄の儀式は排除され、非効率で迷惑なお盆の大移動も過去のものとなる。コロナが、無理を重ねる建前の人間関係を一掃してくれる。
非対面での営業・接客の増加。今後一層この傾向が大きくなるはず。デジタルを想定していない時代の法改正等が今後必要になる。
ホントにコロナで世の中、価値観変わるかも。
営業職の新しいカタチ。
ちなみに4-5月ロックダウン下のイギリスで、最も売れた自動車はテスラです。理由は普段からオンライン商談が大半だから。
コロナ禍でリモート営業ツール導入が盛況。

営業マンはリモートで売るスキルを身につける必要がありそう。
:こうなってくると売り場ってそもそも必要なの?っていう気がしてくる。家電等は実物を触ってみるという意味ではあった方がいいのだろうけれど。
いよいよ店も人が要らなくなるな。
人との接触を避ける動きが広がるなか対面前提としてきた販売や営業の遠隔実施に企業が取り組み始めた

などは商品の説明にビデオ会議を採用

一部住宅や自動車でもオンラインの接客を導入

在宅勤務の活用で女性や高齢者など多様な働き手の受け皿にもなっている
家電程度ならともかく、車やマンションを実物見ずに画面の映像だけ見て購入なんてありえへん
BtoCでWEB商談浸透してきてますね。健在的なニーズしか取り込めなさそうな印象があります。

店舗って、フラッと立ち寄ったりとか、ついで買いとか潜在的な重要を掘り起こす・喚起する要素もあると思うので、これまでの売上を補完できるのかは気になる。
これ良い取り組みだな。
→ ノジマは商品や接客知識にたけた最長80歳までの高齢社員について、在宅勤務による遠隔販売員としての活用を検討する。通勤や店舗での作業が負担となる人でも、働き続ける道が開ける。
対面を前提としてきた販売や営業の遠隔実施に企業が取り組み始めた。一部住宅や自動車でもオンラインの接客を導入した。在宅勤務の活用で、女性や高齢者など多様な働き手の受け皿にもなっている。脱対面やね
みんながやってるってなると、順応が加速している感あるなぁ。
この間同僚から聞いたのは若手は在宅を希望する人が多い一方、年配社員は出社を求める人が多いと。その理由は(続く)
高齢者や女性の働く機会創出。企業はどんどん取り入れるべき。
オンライン営業の1番の苦労は
相手の反応が見えない事と理解してもらう為の
資料作りです
対面ならわかる空気がオンラインにはありません
また、最初一度会うかどうかで
その後の親近感が違いますね
家電や車、在宅勤務浸透で 女性・高齢者 働きやすく :朝刊1面から
デスクワーク以外もオンラインの可能性が積極的に探られていて、従業員にとっては働きやすくなりそうです。
一方やはり対面に勝るコミュニケーションはないので、オンラインならではの仕掛けで差別化したい。
重要事項説明どうすんだろ?
って思ったら最後にダメって書いてありました……

>顧客はモデルルームを訪れることなくウェブ上で物件紹介や周辺環境の情報、モデルルームの撮影動画を視聴し、販売スタッフと住宅ローン相談ができる。契約書や鍵の引き渡しも郵送で済む。
この流れはコロナ下の一時的なものではなく、新常態として定着させ、より発展させなければならない。
ビックカメラではオンライン会議システムを使った遠隔での接客を始めました。
接客や営業の脱対面が広まれば、そこに女性、高齢者、障害者などの方が活躍する場が生まれるはずです😌
選択肢の幅が広がるのは良いことだと思う。非対面、対面を使い分けて効率的に業務を行えれば、コスト削減、売上向上、つまりは生産性の向上につながる。
合理的で便利であれば、コロナが落ち着いても自然と定着していく
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR