TOP > 政治・経済 > 米、TikTok禁止検討 米国事業売却の観測 :日本経済新聞

米、TikTok禁止検討 米国事業売却の観測 :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領は7月31日、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用を禁じる考えを表明した。データの安全保障を...

ツイッターのコメント(14)

アメリカが恐れるのは、TikTokが中国の政治的利用に使われるリスク。
この施策により、Instagramなどの米国製アプリにユーザーが流れるのであれば、やらない手はないだろう。既にTikTokを禁止したインドは自国製アプリにユーザーが大移動した。
マスクをはじめとする衛生・医療用品をChina抜きで確保できる体制が整ったら日本でも…ということですよね、安倍総理!
世界の分断は日増しに拡大しており、グローバルに対して提供しているサービスは深刻な被害を受けている。今回はサービスを利用する国民にまで影響が及ぶ施策になるので、国民からの批判は避けられないだろ。
よくわからないけどTikTokユーザーの利用データなんてそんなに価値あるのかな🤔

米、TikTok禁止検討: 日本経済新聞
TikTokの件は、
米中対決の犠牲になっているのか?
指摘通り中国にユーザー情報が筒抜けなのか?
ファーウェイに続いての動きになっていくのか
次は応酬として、zoom等に波及?等、
想像が絶えない…
ティックトックは利用者データからその交友関係や位置情報などを把握でき、親会社のバイトダンスが中国当局にその情報を提供するリスクがあるとみる。
米、TikTok禁止検討 米国事業売却の観測:朝刊1面から
TikTokには検閲があり、チベットや天安門といった内容は上げられない。そしてSNSとして米国産のFacebookやInstagramを凌ぐ勢い。中国はアメリカの仮想敵国で、アメリカが作った価値観を脅かすTikTokを許せないんだろうな。
いちゃもんつけて巻き上げる。かの国のやり方も変わんないな/
元より中国はFecebook、Google、LINE等、他国のサービスを排除して自国のサービスを育ててきたのだから、逆に海外で同様に排除されても何も言えない立場。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR