〈指標で読む参院選争点〉物価高「2.5%」高齢層ほど痛み: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(16)

※日経新聞様はなんとしても積極財政を否定したいようだね。。
/OECDは「対象を絞らない支援策は財政コストが高く、省エネルギーの推進や脱炭素への投資を損なう恐れがある。数カ月以上継続すべきではない」と強調する。…(マクロ経済エディター 松尾洋平)
インフレは収入が限られ支出に占める食費や光熱費の割合が大きい高齢層ほど痛みが大きい

ほんと?どう考えても子育て世代の方が大変では。若いほど年金も減っていくし

そもそもはデフレ前提の生き方が染み付いている国民の発想が問題で、その発想から転換させる政治が大事
もともと2%をターゲットにしていたのでは?争点になるのか?
----------
高齢層は収入が限られるうえに、支出に占める食費や光熱費の割合が大きい。そのため、高齢者ほど近い将来にさらに物価高が進むと感じている。
→インフレ税
物価高「2.5%」高齢層ほど痛み
食費・光熱費割合大きく
「4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.5%上がり、消費増税期を除くと1991年12月以来30年ぶりの伸び。CPIは変動の大きい生鮮食品を除く総合指数でも前年同月比2.1%上昇。民間予測では22年中は2%台で推移する
金持ってるあんたらが消費しないと一向に経済が良くならんやん
〈指標で読む参院選争点〉物価高「2.5%」高齢層ほど痛み : 日本経済新聞
老人よりも現役世代のこれからの方がしんどいっちゅうねん
野党が消費税5%への軽減を打ち出しているが、税収の代替策はあるのか。
減税は目先の消費者にとってはありがたいのかもしれないが、国の税収が減ってしまえば元もこうもない気が。
〈指標で読む参院選争点〉物価高「2.5%」高齢層ほど痛み 食費・光熱費割合大きく:朝刊政治・外交面
票のためにバラまき。シルバー民主主義。
残り少ない寿命で金貯めてどうする。
金融資産持ってる高齢者が、物価高で困るか?もっと困ってる若い奴いるだろ。
自民と維新以外は国民をバカにしてる
わが国の消費税は、食料品や水道光熱費などの生活必需品にもかかるので低所得層ほど負担の大きい極めて不公平な税制だ。これを減税ないしは廃止することは、すべての人に公平に恩恵が行き渡る。ポイント還元のように新しく仕組みを作る必要もなく行政コストも低い。なぜやらぬ
高齢層は収入が限られるうえに、支出に占める食費や光熱費の割合が大きい。そのため、高齢者ほど近い将来にさらに物価高が進むと感じている。同調査によると60歳代の61%、70歳代以上の57%が「1年後も5%以上の物価上昇」と回答する。30歳代(40%)や40歳代(49%)を上回る。
しかしそれでも自民公明が圧勝するのだから、、、『ドM』ということでしょうか?

▶︎
以上
 
PR
PR