TOP > 社会 > ソニー、試作EV公道実験 車載センサーのデータ収集 年度内、日米欧で実施視野 :日本経済新聞

ソニー、試作EV公道実験 車載センサーのデータ収集 年度内、日米欧で実施視野 :日本経済新聞

16コメント 2020-07-28 05:15  日本経済新聞

ソニーは2020年度中に電気自動車(EV)の公道走行の実験に乗り出す。27日に試作車「VISION-S(ビジョンエス)」を日本で初めて公開した。今後は多目的スポーツ車(SUV)など複数台を開発し、日

ツイッターのコメント(16)

量産はしないが開発する。
そういう方法もあるのかとびっくり。
ソニーは、センサー需要の取り込みを狙う。実際に車作って得られる知見を開発に反映する模様。

ほしかったけどど、死ぬほど高いだろうなw
SONYの新車は車載向けイメージセンサーを売るための開発用なんだな。
イメージセンサーは車載では業界3位と遅れをとってるから。

当面の間、ツイートはこの形を取ります。アプリを開けたくないので、いいね、返信、DMはできません。ゴメンナサイ。
量産はしないものの、やろうと思えば作れるとも取れる。ゲームで強みを持ち、金融を取り込むなど、ソニーの多様性は興味深い。
法規や機能安全を二の次にしてコンセプトカー作れるのって、非自動車メーカーくらいなんだけどね。
PやHもやればいいのにと、5年くらい前からずっと思ってる。
どうするつもりかね。もしソニーが量産すればホンダジェット並みのインパクトだが→ソニーは現時点でEVを量産しない方針。それでも自動車を開発するのは、主力事業である画像センサーなどで自動運転車が無視できない存在になってきた背景がある
 日経
CESの文化祭ノリだと思ってた…本気だったんですね。すごい。
単純なメガネから目への進化にはBIGDATAが必要ってこと。大手とのアライアンス必要じゃない?
—————————-/
家電製品メーカーが電気自動車出す時代。金融もあるし(ソニー損保)、なんでもあるなあSONY
自動車産業は100年に1度の変革期を迎えるタイミングで、
自動車部品メーカー等でもない、なんのしがらみのない
”自由な”ソニーの車は、すごく楽しみ、
というか買いたい(笑)
ソニーは強みを持つセンサーを手に、自動車業界に乗り込んでいく。今回はEV車の試作品を他の自動車メーカーと共に作り上げた。
なぜソニーが、自動車業界に。
それはセンサーだけでなく、完全自動運転化されれば車内のエンタメ要素でビジネスチャンスがある。
車載センサーのデータ収集 年度内、日米欧で実施視野 :朝刊企業面から
大好きソニーついに!
どんどん実験を重ねて実用化に近づけてください。
サービス開発はしていないのかな? ▶︎
《電機メーカーのソニーが自動運転EVを開発するのは、車がデジタルでアップデートするスマホのような存在になる象徴とも言える。》

以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR