TOP > 政治・経済 > 「ペーパーレス精算」に攻勢 IT各社、新ルール契機 マネフォ、紙の領収書いらず/コンカーはキャッシュレス連携 :日本経済新聞

「ペーパーレス精算」に攻勢 IT各社、新ルール契機 マネフォ、紙の領収書いらず/コンカーはキャッシュレス連携 :日本経済新聞

10月に改正電子帳簿保存法(電帳法)が施行されるのを控え、マネーフォワードやコンカーなどIT(情報技術)各社が経理業務を効率化できるクラウドサービスの売り込みを強めている。新ルールでは紙の領収書や請...

ツイッターのコメント(19)

新ルール契機に  マネーフォワードやコンカーなど
クラウドサービスで経理業務を効率化

10月の改正電子帳簿保存法(電帳法)施行で、
紙の領収書や請求書の保存が不要となる。
テレワークを進展させたい企業の導入が加速しそうだ
へー。
紙不要になるんだ。
いいことじゃ
MFさんがんばってがんばって!!!
#電帳法

『10月に電帳法の新ルールが施行され、税務調査の多くの場面で電子データを使えるようになる。IT各社が注目するのは、データを改変できないクラウドサービスで決済情報を管理すれば、紙の領収書や請求書の原本を保存せずにすむ点だ。』
領収書、請求書って紙による保存が原則なんだ。。知らなかった。
本日の日本経済新聞朝刊に、『マネーフォワード クラウド経費』について掲載いただきました。
日本のサラリーマンは、経費精算に約1時間/月使っているらしい。

1年で12時間
40年働くとすると480時間
1営業日8時間とすると、60営業日

3ヶ月も経費精算していることに😂
税金の徴収が確実かつ簡単になれば進展が早いことが実証された。
クラウドサービス各社は是非ともロビー活動を活発化させて電子化を推進してほしい。
ロビイストは積極的に自身を会社に売り込んでほしい。
テレワークを機能させるためにもペーパーレスですよね。/
このような動きは加速していくのでしょうね。
契約書、経費精算、稟議、一連のバックオフィス業務がデジタル化された後には、フロントオフィス業務のデジタル化が進んでいく。APIを多用して連携を図ると同時に、できるだけデータを分散させない方策も念頭に入れてプラットフォームを選択したい。
IT各社、新ルール契機 マネフォ、紙の領収書いらず/コンカーはキャッシュレス連携 :朝刊企業面から
腹を括れないか、条件が厳しいのか?「これまでも一定の条件を満たせば領収書などをデータのみで保存できたが、システムや内規の整備が必要で、紙を廃棄する企業は少なかった」 /  IT各社、新ルール契機 (日本経済新聞)
改正電子帳簿保存法(電帳法)改正。10月予定。マネフォたまらんな
10月改正電子帳簿保存法(電帳法)が施行されるのを控え、マネーフォワードやコンカーなどIT(情報技術)各社が経理業務を効率化できるクラウドサービスの販売に注力。紙やと管理大変やし電子化の方が良いね
個人の決済もそうだが、企業の決済もコロナをきっかけにシステムの導入が進む。企業のお金管理にも大きく変化が
よーし、もう少しだ /
以上
 

いま話題のニュース

PR