旭化成、CO2排出量開示 樹脂製品1万品目: 日本経済新聞

11コメント 2022-04-20 07:31|日本経済新聞

ツイッターのコメント(11)

こういうことなんですよね、きっと。
世界は次のビジネステーマを「カーボンニュートラル」に決めました。
サプライチェーン全体で脱炭素へ取り組む、初動の事例です。
省エネや再エネの価値が高まりますよ。
———-

樹脂製品1万品目: 日本経済新聞
スコープ3までの開示が大手の潮流になりそうですね。これからは開示しないことのリスクが高まっていきそうです。
これは本当にすごい規模のPMOになりますね。所謂scope3の領域での排出量算定が、顧客で課題になっている事に対する解決策を提示して、自社の優位性を築こうという狙いですね。 /  樹脂製品1万品目 (日本経済新聞)
国内でもやっと開示ムーブくるかな?
顧客の車大手などが開示を求めている。
EUの政策に則ったCO2排出量の開示は今後どこも増えるかと
独BASFは全品目の開示をすでに始めている
コスト優位より、情報のオープン性。調達の指針も変わってくる。大手から。
カーボン表示が進む。利益の追求と環境に配慮した取り組みが求められる。今までとは別の手法で生産などを行うことになるので一定期間は金銭的負担がかかりそうだ。
樹脂製品1万品目 EU規制に対応 :朝刊1面から
以上
 
PR
PR