(金融コンフィデンシャル)証券トレーダー、巨大フロア去る 在宅勤務、コロナで定着 「都心の一等地」不要に :日本経済新聞

証券会社の「花形」業務の一つであるトレーディングの現場が大きく変化している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月以降、在宅勤務のトレーダーが急増した。当初は「在宅では困難」と思われたものの、むしろ

ツイッターのコメント(32)

かなり話題になったこの記事で一番学ばないといけない事は在宅での仕事環境による組織の生産性の大きな差。

❌ギリギリ働ける環境⇒組織の生産性が著しく下がる
⭕️ある程度ハッピーな環境⇒生産性が高まる

マイナスとプラスでその振れ幅の差は果てしない。良い環境必須。
オリンピックの選手村は、空いたオフィス街を使えば良いと思う。
コロナ禍突貫で進んだいわゆるCOVID-19 technology project、金がある大手金融機関だけの話。
-
そういう時代が来たか
★証券トレーダー、巨大フロア去る:
三洋証券の世界最大規模だったトレーディングルームを思い出したw TISのインターネットデータセンターとして現存してるとか。
テレワークで夜中9時間ディーラーやってたら、頭おかしくなるwww

これ経験談
証券トレーダー、巨大フロア去る: 『野村でトレーダーを務める柏原さんは会社とほぼ同じ設備で在宅勤務をこなす(都内の自宅)』 『証券会社の「花形」業務の一つであるトレーディングの現場が大きく変化している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
まあ在宅でも遂行可能かどうかってのは単純に非対面で遂行可能かどうかを考えればよいのだろうけど、それでもやってみないと分からなかったことはあるということか。
会社辞めたのに、部屋の一角が写真と同じ感じだわ笑
自己は発注スピード命だから出社
受託はスピード殺しても問題無いから在宅
理解した。
 
PR
PR