TOP > 社会 > (データの世紀)従業員感染 公表悩む企業 「隠蔽」批判・個人情報 板挟み ばらつく行政 混乱拍車 :日本経済新聞

(データの世紀)従業員感染 公表悩む企業 「隠蔽」批判・個人情報 板挟み ばらつく行政 混乱拍車 :日本経済新聞

15コメント 2020-05-06 06:46  日本経済新聞

従業員が新型コロナウイルスに感染した際の外部公表について、企業が悩んでいる。法的な義務はないが、ネット上で「隠蔽」と批判される例が相次ぐ。一方で従業員のプライバシー侵害の恐れもあり、板挟みだ。行政側

ツイッターのコメント(15)

◼︎就活中の学生さんへ
「隠蔽ブラック企業を見極めよ」...可能な限り

従業員が新型コロナウイルスに感染した際の外部公表について、企業が悩んでいる。法的な義務はないが、ネット上で「隠蔽」と批判される例が相次ぐ。
食卓の話題。従業員がコロナに感染した際、公表すべきか。法的義務はないが隠蔽と批判されることもある一方、個人が特定される危険もある。現状、行政の見解はばらばらで、企業の自主判断となっている。国が指針を作り、一方で差別などが起こらないような対策もすべきでは。
これは悩む問題。実際まだ周囲に感染者出てないけど、出た場合どう発表するかは経営層と相談して、もう雛形作っておくのが良い。

【データの世紀】
企業的には公表した方が誠実な企業のイメージ
個人は・・一生汚名を負うイメージ
IT化で便利になると、個人情報保護や人権侵害という問題は出てくるよなぁ
個人特定は許されないが、
企業としては公表しないと。
感染そのものは仕方ない
のだから。
各社悩ましい対応をお察しいたします。
従業員の感染に関する公表は企業によって差があるんですね。

感染拡大防止とプライバシーの問題、確かに悩ましい。。

【データの世紀】
感染者が出た場合に、とくに消費者向けビジネスの事業者がどこまで公表に踏み切るべきか、というのは今後も白黒がつかない論点。開示されたとしても必ずしも安心には繋がらないことにも配慮は必要。【データの世紀】
・法的な義務はないが、ネット上で「隠蔽」と批判される例が相次ぐ。
・一方で従業員のプライバシー侵害の恐れもあり、板挟みだ。
・厚生労働省や個人情報保護委員会、全国の自治体で見解がバラバラ。混乱に拍車がかかっている。
これ、各地の地方自治体(行政)でも起こってるのではないかと。自分が出入りする中で圧倒的に環境悪いですし。セキュリティは大切だけど、それならもう少し投資して在宅ワークできるようにすべき。じゃないと、今変われないならもう今後変われない。
(データの世紀) 「隠蔽」批判・個人情報 板挟み ばらつく行政 混乱拍車:朝刊企業面から
〉従業員の感染について、原則的には民間企業に公表する法的義務はない
〉未発表だと「隠蔽」だと非難される例もあり

感染者と接触してようがしてなかろうが在宅一択な気がするけど、何に使う?出社しろパワハラからの回避?
当初から公表は必要ないと思っている。
「隠蔽」批判・個人情報 板挟み ばらつく行政 混乱拍車
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR