TOP > 政治・経済 > コロナ治療薬の実用化急ぐ 米社製、来月にも治験結果 中国「アビガンに効果」 :日本経済新聞

コロナ治療薬の実用化急ぐ 米社製、来月にも治験結果 中国「アビガンに効果」 :日本経済新聞

新型コロナウイルスの治療に既存の抗ウイルス薬(総合2面きょうのことば)が有望だとわかり、早期に使える可能性が出てきた。インフルエンザ薬「アビガン」とエボラ出血熱薬「レムデシビル」が特に有望視されてい...

ツイッターのコメント(18)

治療薬が実用化されているインフルエンザウィルスの日本での死亡者は毎年3000人を超えています。

コロナウィルスの治療薬が実用化されても、やはりお亡くなりになる方はいるでしょう。

それが100人でも1000人でも、きっと大騒ぎになるんだろうな。
アメリカの会社が特許とったら、陰謀論に拍車がかかりそうだな。。笑
早くアビガンに薬価を付けて市中に開放してくださいよ。厚生労働省さん。
新型コロナウイルスの治療に既存の抗ウイルス薬が有望だとわかり、早期に使える可能性が出てきた。インフルエンザ薬「アビガン」とエボラ出血熱薬「レムデシビル」が特に有望視されている。
゛いずれの薬剤も副作用のリスクがあり、軽症患者の治療には向かない可能性が高い。゛ってことなので、飛び付かないようにね~
既存の薬使えるのね
とはいえ、TOKYO2020には間に合わないよねぇ……
連日富士フイルムのニュースが来てる。
既存薬、アビガンとか結構副作用がエグいの多い気がするから、そんな軽々に使えない気がするんだよなぁ…。(´・ω・ `)わかんないけど
朗報じゃん?
有料記事なんだけど話題が出てるのは局面変わりつつある証だろう。でも副作用かなりありそうなんで無料で広く流布ってほどではなし、かな。
治療薬の発見は世の中を落ち着かせる効果は絶大だ。今から開発は相当厳しいだろうが、このように有能なものがあるというのは素晴らしい。早く使えるようになるといい。
抗ウイルス薬が有望だとわかり、早期に使える可能性が出てきた。インフルエンザ薬「アビガン」とエボラ出血熱薬「レムデシビル」が特に有望視されている。レムデシビルは4月にも臨床試験(治験)の結果が出る見通し
このニュース,結局のところCOVID-19感染拡大収束にどれだけ寄与するのか分からないからか,結局,株価下落の歯止めには全くなっていないように思う。/
米社製、来月にも治験結果
インフルエンザ薬「アビガン」とエボラ出血熱薬「レムデシビル」が特に有望視されている。レムデシビルは4月にも臨床試験結果が出る見通しだ。実用化できれば世界規模の死者増加を抑え、経済への打撃を緩和することにもつ
みんなの不安が少しでもなくなればいいと思う。
メディアは「希望」をもっと発信してほしい
以上
 

いま話題のニュース

PR