TOP > 国際 > (真相深層)小型核でロシア先行、米が対抗 SLBMに50発配備 最小限の抑止力に :日本経済新聞

(真相深層)小型核でロシア先行、米が対抗 SLBMに50発配備 最小限の抑止力に :日本経済新聞

米国防総省は4日、爆発力が比較的小さな「小型核兵器」を潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の弾頭に実戦配備したと発表した。ロシアが地域紛争などで小型核を使う構えを見せ始めており、同等の兵器を配備して核...

ツイッターのコメント(14)

機内にあったのは昨日の朝刊でしたが、たまに触れる紙の新聞もいいもんですね。くまなく読んで、このフレーズが一番インパクトありました。

「ロシア軍にはもともと核兵器を通常兵器の延長のように気軽に扱う独特の組織風土もある。」
低出力核の説明がなされてて良いのだけど
「ロシア軍にはもともと核兵器を通常兵器の延長のように気軽に扱う独特の組織風土もある。」
に、えっ!?っとなった。
核開発は確かにしているけれども、核兵器の使用(特に先行使用)に関してはソ連の頃より断固として非難している。
米の「低出力核」の意義に関してしっかり説明されている必読記事。
何が怖いって、今日の2面にこんな記事があるんですよね。
ロシアやアメリカが地域紛争に本気で核を使ってしまったら...
想像に難くないです。

【真相深層】小型核でロシア先行、米が対抗 : 日本経済新聞
SFの話じゃないよね、、、?
ロシアが小型核を先に使い、米軍が90キロトンの従来型核などで報復した場合、結果的に米側から核戦争を激化させた形になるため、米側は報復をためらいかねない⇨ガキに喧嘩か?
小型核でロシア先行、米が対抗 SLBMに50発配備 最小限の抑止力に:日本経済新聞  「米軍は小型核配備で先行しているわけではなく、むしろ後追いを強いられてきた。」
全体的に妥当な評論と思うけど、「中国軍もロシア軍同様に、米軍と軍事衝突して間もない段階で小型核を使い、米軍の反撃を封じる軍事戦略を採用していると米国防総省高官はみている。」というのは、どこから来てる話なんかな?
(1)主にリスクを増大させているのはロシアである
(2)米軍の配備は抑止を強化するための最小限の手段である
(3)米軍の「核の傘」に今も依存する日本の安保の脆弱さが当面は改善する
記事では 「米小型核の配備が、米軍の「核の傘」に今も依存する日本の安保の脆弱さが当面は改善する」、としているが、日本が米国の「核の傘」で保護されているというのは最早幻想で、米国は日本のために自国のリスクを冒してまで核を使用しないというのが定説では?
小型核でロシア先行…: 普通核の使用は人道的に許されないが、普通核の数分の1程度の小型核ならば通常兵器としての使用が可能?新型コロナで1人でも死亡が出れば大騒ぎするのに、小型核での大量殺戮が起きても無頓着?ヒトの感覚,モラルのいい加減さの極み!
米露はこんな事をしている場合か!!!世界大戦したいのか!!!ほんまアホだ
以上
 

いま話題のニュース

PR