新型コロナ座談会 国内の早期収束「チャンスある」  :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染が国内で相次ぎ、政府の専門家会議は今後、1~2週間がヤマ場となるとの見解を示した。これまでの政府の対応に問題がなかったのか。収束の見通しはあるのか。会議の委員である尾身茂・地

ツイッターのコメント(16)

早期の収束信じたい。
お願いします🤲
御用記事の匂いがぷんぷんするよ。
チャンスある?はぁ?チャンチャラおかしいな

 国内の早期収束「チャンスある」: 日本経済新聞
こうした議論を経て、色々意思決定されているの願いたい。
「研究報告をみると、症状が軽い人やまったくない人が感染源になっている。日本ではスポーツジムでも感染者が見つかった。普通は体調の悪い人は行かない。かなり軽症の人が感染を広げているようだ」/
新型コロナウイルスについては、誰が感染させやすいかはわかっていない。これまでの研究報告をみると、症状が軽い人やまったくない人が感染源になっている。日本ではスポーツジムでも感染者が見つかった。普通は体調の悪い人は行かない。かなり軽症の人が感染を広げている
すでに『早期』の段階は過ぎているのだが。

 国内の早期収束「チャンスある」  :日本経済新聞
危機感が伝わる記事。コロナ対策の専門家委員、尾身茂氏のコメントは特に踏み込んでいる。ここまで言わせるか。

「このウイルスは手ごわい。国民全てが感染してもおかしくない」「政府も専門家も一人ひとりの国民も「ウイルスとの戦争」という強い意識で取り組むべき状況」
専門家たちの語らい
参考になる。感染拡大を防ぐカギは、やはりクラスター対策のようだ。
「中国を批判するのは収束した後にやればいい。中国は色々な対策を講じており、日本が学ぶことがたくさんある」
メディアは事変のライブ決行よりも、「これまで」より「今」の中国の対応、SARSの経験から体制が整ってるシンガポールや香港の対応を報道してほしい。
「このウイルスは手ごわい。国民全てが感染してもおかしくない」なのだそうだ /  国内の早期収束「チャンスある」  :日本経済新聞
座談会形式だけど、出来ること出来ないこと、政府の問題点、希望はまだあること、等などよく整理されとる。(´・ω・ `)
そんなもんねぇよ。
受け入れろ。
国内の早期収束「チャンスある」:朝刊特集面から
エピカーブとやらが151しかないけど残りは?

田氏 クルーズ船の感染者は2月7日にピークがあり徐々に減ってきている。隔離によってまん延したわけではない。問題点については検証が必要だ。
日本でも都市封鎖をテクニカルにできるってこと?どゆこと?

「感染拡大を防ぐだけが目的なら中国と同じことをやればよい。しかし、人々の移動まで止める必要はない。」
以上
 
PR
PR