新型肺炎専門家に聞く インフルの対策が有効 日本国内で重症例なく 舘田一博・日本感染症学会理事長 :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。政府は検査対象を広げたが症状が出ない人は把握が難しく、不安を抱く人は多い。これまでの感染例などから見えてきた特徴は何か。日本感染症学会理事長の舘田一博・東邦

ツイッターのコメント(35)

@teadesigner16
どうぞ
 インフルの対策が有効: 日本経済新聞
インフルの対策が有効: 日本経済新聞   新型肺炎専門家?なんだそれ。中国で何か学んだ人?
単なる御用学者
"国立感染症研究所が日本人感染者から分離したウイルスを調べた結果、感染力や毒性を高める遺伝子変異は起きていなかった。新型コロナウイルスは特別恐ろしいものではなく、普通の風邪のウイルスに近いのではないか"
「新型コロナウイルスは特別恐ろしいものではなく、普通の風邪のウイルスに近いのではないか」
“部屋に缶詰めになっている人たちが不安にならないか、精神状態が心配だ。マスクをして1メートル以上離れれば会話しても心配ないので、対応を変えた方がよい。-
 インフルの対策が有効 日本国内で重症例なく 舘田一博・日本感染症学会理事長”
こちらの識者も同様のことを言っている。

《こうしたことから新型コロナウイルスは特別恐ろしいものではなく、普通の風邪のウイルスに近いのではないか。》

 インフルの対策が有効
やはり専門家も同じ意見だそうです
コロナウイルスは風邪のウイルスと似ているのではないかという意見。
実際、先進国では死者は出ておらず、(怒られるかもしれないが)中国の死者拡大は医療体制が整っていないことに起因する部分もあると思う。
茶を飲め
 インフルの対策が有効: 日本経済新聞
日本感染症学学界理事長いわく「こうしたことから新型コロナウイルスは特別恐ろしいものではなく、普通の風邪のウイルスに近いのではないか」。専門家の意見なので尊重したい〔続〕
 
PR