TOP > 社会 > 住宅の水害リスク 説明義務化 国交省、不動産業者に :日本経済新聞

住宅の水害リスク 説明義務化 国交省、不動産業者に :日本経済新聞

国土交通省は、住宅の売却や賃貸などを扱う不動産業者に対し、大雨が降った際の水害リスクを購入・入居希望者に説明するよう義務付ける。相次ぐ豪雨被害を教訓とする対策で、赤羽一嘉国交相が27日の衆院予算委員...

ツイッターのコメント(15)

説明義務になると不動産価値もさらに二極化しそうだけど、喉元過ぎればできにしないのかな?
保険ですらハザードマップで金額が変わる時代じゃもん。そうなるわなー。
やっと、と思ったら、周知が必要なので導入時期は不明と。ホントにやるのかい。
oh、次から次へとレポートネタが、、、
土砂災害・津波はすでに重説事項だから、早めに…
>業者への周知が必要なため、導入時期は未定としている。
これも当たり前の話だと思うんですよね。不動産業界における情報の非対称性が大きいことの一端。
ブリリア改名不可避じゃん。
私、不動産屋に活断層図と地形図を持って行ったけど
※笑われた
このことが賃料に反映するかな?
今年度から説明するよう言われてたけど、それが更に進んで義務に。
不動産業者が自治体作成ハザードマップを示し、大雨の際の水害リスクを購入・入居希望者に説明することが義務づけられる。
国土交通省は、住宅の売却や賃貸などを扱う不動産業者に対し、大雨が降った際の水害リスクを購入・入居希望者に説明するよう義務付ける
〈 自宅近くの「谷」に沢山の住宅が建っている。今では普通の風景になっているが建ち始めた時は、こんな所に?、と感じた
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR