TOP > 社会 > 地球史に「チバニアン」 国際学会決定 日本の地名初採用 :日本経済新聞

地球史に「チバニアン」 国際学会決定 日本の地名初採用 :日本経済新聞

14コメント 登録日時:2020-01-18 04:50 | 日本経済新聞キャッシュ

国立極地研究所や茨城大学などの研究グループは17日、地球史の一時代が千葉の名前に由来する「チバニアン(千葉時代)」と命名されることに決まったと発表した。韓国・釜山で開かれていた国際地質科学連合の理事...

ツイッターのコメント(14)

県民の祝日にしましょう☺︎
陽○兄さん おめでとう㊗️
チバ!?(´・ω・)
チバニアン(千葉時代)。約46億年におよぶ地球の年代名に初めて日本の地名が採用される。
虚構新聞かと思ったけどすごい。
おめでとうございます
嬉しい報告なはずなんだけど・・・
なんか恥ずかしい気持ちになるのは、なんでだろう??
国際学会決定 日本の地名初採用 :朝刊1面から
ジバニャン?
「市原市の地層には、地球で南北を示す磁気の向きが正反対に変わってしまう「地磁気の逆転」を明確に示す証拠があり決め手となった。」
南北逆転って壮大。俺が千葉市でネコ飼ってたら、写真を添付して「この子がチバニャンです」って投稿してたわ。飼ってなくてよかった。
国際学会決定: このニュースで呆れるのは、「千葉市役所のバカげたハシャギぶり」。「千葉市にチバニアンの断層がある」ことが、そんなに「偉い」ことなのか。かえって「千葉人の軽薄さ」の恥を世界に晒す?!
最初、名称だけ見たときにジバニャンの親戚?とか思ってしまってごめんなさい。
茨城大の岡田誠教授は同日、都内で開いた記者会見で「なんとかたどりつけて感無量だ」と話した。
以上

記事本文: 地球史に「チバニアン」 国際学会決定 日本の地名初採用 :日本経済新聞

いま話題の記事